誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
10位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


滋賀医大の生物
【2017/02/22 17:33】 理科
滋賀医大の生物 2016

dept_40_1.jpg 
http://医学部・東大.com/dept_detail.html?dept_id=40


もうすぐ国立前期日程の2次試験が始まりますね。
準備で忙しいことでしょう。

滋賀医大の問題が難しいという噂を聞きました。
確かに、この大学や奈良県立医大の問題は我々の時代も癖がある難問が多かった覚えがあります。
私自身はこういった癖のある問題好きでしたが。

そこで、少し滋賀医大の過去問見てみました。
確かに、数学、理科ともやや難以上のセットがそろっている印象。

この大学の2次試験は、セ試験の出来にもよりますが、
5割少しで合格ラインとも聞きました。

2016年度の生物を解いてみました。


問題はメデイカルラボの過去問サイトから。

赤本は持っていないので、解答はクエスト予備校からの協力です。

siga seibutu

sigaidai.png



解答:READ MOREへ



[READ MORE...]

テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

センター理科 2017
【2017/01/16 19:24】 理科
2017年度 センター理科 (東進HPから)

青文字:選択問題


化学

2016年と同様に第6問と第7問が高分子化合物の選択問題で、大問数は6題であった。
設問数は27で2016年と同じ、マーク数は35で増加した。
また、有機化合物の分野の配点が31点から28点にわずかに減少した。
計算問題および計算を含む問題が多く時間的な余裕はあまりなかったと思われるが、
標準的な内容の問題が多く、難易度は昨年同様か、やや易化した。
ただ、問題量が多いため、手際よく素早く解く必要があった。
選択問題による有利不利はなかった。

【第1問】物質の構造・状態
【第2問】物質の変化と平衡
【第3問】無機物質
【第4問】有機化合物
【第5問】高分子化合物
【第6問】合成高分子化合物(選択問題)
【第7問】ペプチド・糖(選択問題)


物理

大問数は選択を含めて6題で昨年と変わらなかったが、
昨年まで選択問題であった熱力学が必答問題となり、
第3問Bで出題された。
一方、昨年まで第3問A、Bの出題であった波動は、第3問Aと選択問題である第5問の合計2大問での扱いとなった。
また、小問集合が昨年の5小問20点から5小問25点になって配点が高くなり、
昨年2小問あった組合せ問題の部分点がなくなった。

第1問 小問集合
運動量保存則、力のモーメントのつりあい、電気力線、凸レンズがつくる実像、音波の性質

第2問 電磁気
A 平行板コンデンサーへの金属板挿入、
B コイルでの電磁誘導とダイオードによる整流作用

第3問
A 波動からくさび形空気層による光の干渉、
B 熱力学から単原子分子理想気体の状態変化

第4問 力学
A 円錐内部での小物体の運動、
B エレベーター内の物体に作用する慣性力

第5問 波動
ドップラー効果について問われた。

第6問 原子物理
放射線と原子核反応

必答問題と選択問題の出題分野が一部変更になったが、全体として見ると分野の偏りなく多くのテーマから広く出題されている。また、昨年に比べてマーク数が増加し、1問あたりにかけられる時間が減った。
基本的な内容からの出題も多く、日ごろの演習量で差がついた可能性が高い。
難易度はやや易と言えるだろう。


生物

昨年と同様に、大問数は6題であり、第6問と第7問が選択問題である。
設問数は第6問を選択すると29問、第7問を選択すると30問であり、
昨年の25~26問に比べて増加し、マーク数は第6問を選択すると34、
第7問を選択すると35で、昨年(32)よりも増加した。
知識問題は、基本的には生物の教科書の内容を押さえておけば解けるが、
文章選択問題が増加し、昨年より難しい。
また、昨年と同様に実験考察問題の分量が多く、時間がかかる実験考察問題が増加したため、
全体として昨年よりも難化した。

【第1問】生命現象と物質(タンパク質、調節遺伝子)

【第2問】生殖と発生(眼の形成と誘導、重複受精と胚乳形質の遺伝)
A イモリの発生に関する知識問題とマウスの眼の形成に関する実験考察問題
B 被子植物の重複受精に関する知識問題と胚乳形質の遺伝に関する実験考察問題

【第3問】生物の環境応答(神経系、興奮の伝導・伝達、光発芽種子)
A 神経系や興奮の伝導・伝達に関する知識問題、
B 光発芽種子とフィトクロムに関する知識問題と実験考察問題

【第4問】生態と環境(種間関係、攪乱)   
A 種間関係に関する実験考察問題
B 攪乱や種間関係に関する知識問題

【第5問】生物の進化と系統(地質年代と生物、分子系統樹、集団遺伝)
A 地質年代と生物に関する知識問題と分子系統樹に関するデータ考察問題
B 集団遺伝に関する計算問題と知識問題

【第6問】密度勾配遠心法と細胞小器官(DNAの複製、細胞小器官のはたらき)
DNAの半保存的複製、細胞小器官のはたらきに関する複合問題

【第7問】海岸の生物観察(分類、行動、発生)
海岸の生物観察を題材に、会話形式で出題した生物の分類、行動、発生に関する複合問題





テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

医学部受験時の理科選択が入学後の生物学習に与える影響
【2016/08/03 06:06】 理科
医学教育学会での報告が続きます。

某地方公立大医学部での研究:
2009年から2015年の6年間の某公立大医学部入学者において、
受験時の理科選択が1年次の生物学の成績に及ぼす影響を調べた。

(この大学には限ったことではないが)
受験時に生物選択していない学生は基礎生物学を
受験時に物理選択していない学生は基礎物理学を
履修する。


結果:READ MORE へ



[READ MORE...]

テーマ:キャリア教育 - ジャンル:学校・教育

慶応(医)の物理(2016)
【2016/02/21 07:00】 理科
慶応(医)の物理(2016)

先日、行われた慶応医学部の物理。
東進過去問サイトで、英語、物理、化学のみ公開されました。

物理:非常に難しそうです。

受験生の書き込みサイトでも、1時間目の物理で爆死!とか、
慈恵正規で受かっても、歯が立たずなど、
かなりnegativeなものが目立ちました。

以下に問題を示します。

p9q161101m0.gif
p9q161201m0.gif
p9q161301m0.gif


私も現役受験の折、試し受験で慶応医学部を受験しに、
颯爽と日吉校舎に向かったことを覚えています。

この場所は、慶応高校受験の時も訪れた場所。
その時も不合格でしたので、リベンジという思いはありました。
ただ、最難関の医学部ということで勝負は最初から見えてはいました。

1時間目は、以前も同様に理科からだったような気がします。

化学はなんとか手をつけることができましたが、問題は得意科目の物理。
3問全て、歯が立たず という大変悔しい思い出があります。
午後からの数、英とも戦意消失。

物理の問題は、

1番:重力列車の問題
2番:確か原子物理系だったような
3番:フィゾーの実験(歯車を使った光速度測定)

だったような。

その詳細は、いつかまた触れたいとは思います。

なぜか、この年の慶応物理の内容は悔しくてよーく覚えています。
その年の物理正解が出るのを待ち望んで、4月末から予備校の帰りに駅前の本屋に通い、
出版されるやいなや、購入し解法について研究した思い出がよみがえってきます。
なんで、受験の時のことはよく覚えているんでしょうね。






テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

本当に物理の問題? 今年の慈恵物理から
【2015/02/07 21:40】 理科
本当に物理の問題?
H27年度 慈恵医大の物理第三問。

一見すると、なんだか生物の問題かと思ってしまいそう。
(問題文;東進過去問データベース より;※過去問データベース閲覧には簡単な登録が必要です

これも新傾向ですかね。
慶応あたりも好きそうな問題。

解答例はWindom予備校のものを、改編して載せました。
間違っていたら、すみません。


jikei buturi 3
jikei buturi 3続き 
慈恵 物理3 さらに


解答例

問1 屈折の法則より,sinθ1/sinθ2 = n2/n1・・・(答)

 

問2 2n2d2 cosθ2 ・・・(答)

 

問3 2n2d2 cosθ2 = (2m-1)λ / 2・・・(答)

 

問4 θ3 = θ2で,水の層の上下の面での光路差は,

問2と同様の手続きにより2n1d1cosθ1で足して,

 2n1d1 cosθ1 + 2n2d2 cosθ2・・・(答)

注意;水の層の上下の面での光路差を2n1d1 / cosθ1としたくなるが,/

これだと上の層と下の層で光路が相殺される分が考慮されていない。

 

問5 上面と下面で,それぞれ位相がπずれるので,

2n1d1 cosθ1 + 2n2d2 cosθ2 = l λ・・・(答)

問6 λ = 2 / l (2n1d1 cosθ1 + 2n2d2 cosθ2)

          =代入= 560.4 nmが当てはまる。

よって,黄色 ・・・(答)

Windom予備校速報から



テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

新傾向の物理:ベルヌーイの定理
【2015/01/31 18:31】 理科
新傾向の物理:ベルヌーイの定理

昨日、行われたばかりの2015年度:昭和1期の物理の1番で、
教科書などでは、あまり扱われない流体力学で扱う「ベルヌーイの定理」
に関する問題が出されたようです。

問題がないので詳しいことは不明ですが、
予備校の講評によれば、誘導形式である程度は答えることは
可能だが、受験生によっては戸惑ったのではないか?
とのことです。

この手の問題は、通常は理工系の大学院や医学部編入試験で出されることは
多いようですが、医学部入試ではあまり扱われなかったと思われます。

調べると、過去に阪大後期では出されたことがあるようです。
詳しくは、「強者への道」というHP:
http://tsuwamono.kenshinkan.net/way/physics2010.php
に問題と解説があるようなので、参考にしてください。

ベルヌーイの定理とは、簡単にいえば所謂エネルギー保存則を ”流体” に当てはめたものだそうです。

以下は、https://www.nikkiso.co.jp/products/industrial/flowmeter_tech_01.html からの転用です。

の絵をご覧ください。
ラッパ状の管(工業の世界では、”配管”といいます)に流体が流れている絵です。
ベルヌーイの定理とは、簡単に表現すれば、
流体が持っている”(1)の所のすべてのエネルギーと、
(2)の所のすべてのエネルギーが等しい
”  というものです。



各記号の意味
P圧力γ流体の比重量1(1)の場所
V流速g重力の加速度2(2)の場所
Z基準面からの高さ
”比重量”とは、”密度”とは、異なります。密度とは、単位体積当たりの質量であり、比重量とは、
地球上での単位体積当たりの重量です。混同されている方が多いかと思いますが、ここでは、
概要を理解するに当たり、一般に良く使われる表現である”密度”と考えて結構です

ベルヌーイの定理を、数式で表すと次のようになります。

V12/2g+P1/γ+Z1=V22/2g+P2/γ+Z2……A


または、

V2/2g+P/γ+Z=一定……B

さらに、別のブログ:http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cp/2006/11/post_b1a1.html では、
排尿障害の説明にベルヌーイの法則を利用していました。

医学部を目指す受験生にとっては、こちらの方がいいかもしれません。

排尿障害を説明するのに必要な物理学の法則として、ベルヌーイの定理があります。

この定理は流体力学に必ず出てくる重要な法則です。

排尿の尿流は流体力学の素材でもありますから、この定理を知った上で、
前立腺肥大症や慢性前立腺炎(膀胱頚部硬化症)の排尿障害を考えると、
とても理解しやすくなります。

空気や水などの粘性のない流体が、
一定の閉ざされた空間を流れる時、
どの時点においても流体の全エネルギーは常に一定である
という法則です。

ベルヌーイ 

大雑把で正確ではありませんが、理解しやすい式として表すと、

P1+V1=P2+V2=P3+V3=・・・=Pn+Vn=K(一定)
P:流体の圧力、V:流体速度の二乗の1/2

になります。

つまり、流れがゆるやかな時には圧力が増し、流れが速い時には圧力が低下するというのです。

電気掃除機の吸引口とゴミをためるダストボックスを考えれば、
ベルヌーイの定理の応用だということが理解できます。
吸引口は狭いので空気の流れが速く、そのため圧力が低下してゴミを吸い上げます。
掃除機の本体の中では広いスペースに空気の流れが入りますので、流れの速度は遅くなり、
圧力は増すので、ゴミを置いて行きます。

また、ソバを食べる時に、口元をすぼませてソバをすする自然な行為は、
ベルヌーイの定理を無意識に利用していることになります。

どうですか?
少しは理解が深まりましたでしょうか。

以上のような背景知識をいれた上で、もう一度問題を思い起こしてください。

私は、物理学については、門外漢にて分かったような分からないような感じですが?

さて、この手の問題が今年他の大学で出るか、出ないかはなんとも言えませんが、
試験で出来なかったところがあれば、有耶無耶にせず、必ずテキストその他で
確認しましょう。

この作業で次の本番で助けられることがあるはずです。



流体力学関係の読み物


トコトンやさしい流体力学の本

トコトンやさしい流体力学の本
価格:1,512円(税込、送料別)





テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

物理の網羅型問題集
【2014/08/16 06:30】 理科
物理の網羅型問題集

化学に続いて物理の網羅型問題集について。

我々の時代から連綿と続く物理重要問題集、
これがバイブルのように受験生たちから親われてきました。

しかし、最近は基本から難度の高いものまでいろいろな問題集が出回っています。

重要問題集に対して、
河合塾の浜島先生が編集した「良問の風 物理」という問題集も好評のようです。

”重要”と”良問の風”につき、各項目と特徴を表にすると以下のようになります。

物理重要問題集良問の風 物理
 頻出・標準入試問題集
力学力学
等加速度運動速度と加速度
力とつり合い剛体のつり合い
運動の法則運動の法則
抵抗力を受ける運動エネルギー保存則
運動量の保存運動量保存則
円運動・万有引力保存則
単振動・単振子慣性力
 円運動
 単振動
 万有引力
熱力学
温度と熱量比熱、熱容量
気体分子の運動と状態変化熱力学
電磁気電磁気
静電気力と電場静電気力、電場と電位
コンデンサーコンデンサー
直流回路直流回路
電流と磁場電流と磁場(磁界)
電磁誘導交流
交流回路電磁場内の荷電粒子
波動波動
波の性質波の性質
音波弦、気柱の振動
光波ドップラー効果
 反射、屈折の法則
 干渉
原子物理原子
電子と光粒子性と波動性
原子と原子核原子構造
 原子核
総合問題
A(標準 124題) 
B(応用 22題) 
146題136題
やや無機質解答の質がよい
難関大にはよい典型的問題が多い
最新の入試傾向 

問題数は重要問題集の方がやや多いようです。

私が見た印象では、確かに重要の方が最近の入試問題を多く掲載していて、
内容的にも少々難しく感じられました。

対して、「良問の風」、網羅性については申し分ないでしょう。
解答も丁寧に感じました。

「良問の風」のみでも十分だと思われます。

さて、良問の風の上級版として、名問の森(2冊からなる)があることは御存知でしょう。

構成的には、

力学44題、波動20題;計64題
電磁気編40題、熱編17題、原子編15題の計72題
総計138題

と良問の風とほぼ同数です。

しかし、1問1問に解答時間がかかり、余裕がないと厳しいようです。
試験は物理だけでは済まされないわけで:

時間のない受験生は、

まず、”良問の風”で網羅性を万端にした後、
後は、各志望大学の赤本演習で十分なのではないかと?
と、個人的には思う次第です。

網羅型の物理問題集:
各自の好み、レベル、目的に合わせて、
最終的に選んでください。









テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ