誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
10位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


昔の私大医学部偏差値(昭和52年)
【2014/05/21 00:23】 昔の医学部入試
昔の私大医学部偏差値(昭和52年) 訂正版

今日、駿台予備校からの資料提供で私が入学した 昭和52年度の駿台模試の偏差値表が届きました。
懐かしく拝見しました。
興味ある結果でしたので、参考に載せておきます。

以下のようになります。


続きは
READ MORE へ


関連記事(一部広告含む)




大学名確実圏可能圏教科
 80%60% 
岩手医大56.852.9英数理2
自治医大62.758英数理2
独協医大   
埼玉医大   
慶応69.865.4英数理2
慈恵医大56.852.8英数理2
順天堂56.352.4英数国理2
日本医大62.757.6英数理2
昭和60.555.8英数理2
東京医大56.852.8英数理2
東邦53.949.7英数理1
日大54.249.9英数理2
東京女子医大52.848.9英数理2
杏林   
北里50.145.8英数理2
帝京   
東海53.848.6英数理2
聖マ医大   
金沢医大   
愛知医大   
藤田保健衛生   
大阪医大61.257.2英数国理2社
関西医大54.850.8英数国理2
近畿   
兵庫医大   
川崎医大   
久留米56.852.8英数理2
福岡   
産業医大   

昭和52年度第5回駿台全国模試後(駿台予備校 広報部の資料から引用改編)

偏差値表示されていない大学は、当時は模試受験者の中に志望者が少ないため、
偏差値表示できなかったと思われます。

はるか昔の難関私大医学部ベスト5は、
慶応、自治医大、日医、大阪医大、昭和の順だったようです。
現在はNo.2の慈恵ですが、昔は日医や昭和の方がランクが上だったようです。

この中で1浪時に受けた私立大学は、自治医大、日医、大阪医大でした。
私なりにかなり強気の出願であったと思います。

関西医大も受験したのですが、国語が科目にあったとは、全く記憶には残っていません。
憶えていることは、英語の長文がA4用紙に5-6枚と1000word超えていたようで、
全く歯が立たなかったということだけです。

さて、
東邦、日大、女子医でも可能圏の偏差値が50を割っていたとは驚きですね。

ちなみに、この時期の他の医学部、工学部の可能圏偏差値ですが、

東大理Ⅰ/理Ⅱ/理Ⅲ:59.6/56.4/70.5
東工大1類/2類/3類/4類/5類/6類:54.1/49.3/50.8/52.4/53.7/52.5
京大医:68.0
慶応工:52.4
早稲田理工(工):53.0

というところです。

ちなみに、私が合格した富山医薬大は、確実圏:57.9、可能圏:54.4だったようです。

最後まで悩んだ他のⅠ期(前期)志望校の確実圏偏差値は、
島根医大:57.3
奈良医大:57.0
のようでした。

秋の偏差値表では富山と島根が最も低かった記憶があったのですが、
時期により多少異なったようです。

最終的には、理科の傾向、数学の出題傾向で決定したように思います。
また、開校2年目で赤本もないため国英社の傾向は全く情報がなかった記憶があります。
傾向がまだはっきりしていないということも、受験校の決め手になりました。
つまり実力勝負だったということです。
さらに、受験当日、国語は古文、漢文は現国との融合問題で助かったということはよく覚えています。



関連記事

テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント
偏差値に関しては、小生の本を執筆する際に、
駿台広報部とのやり取りでよい関係が築けたので、
昔の偏差値表をPDFで送ってもらいました。
かなり年代を感じさせるような汚れもついたものでした。

70年代から2010年代までの入試科目や倍率については、
どうすればよいものか?

予備校にあるものかどうか?

確実な方法は、その当時の新聞がたよりでしょうか?
国立に関してはそれでわかるものと思います。

新聞社もしくは国会図書館で閲覧可能でしょう。
【2015/02/23 20:11】 URL | カズさん #- [編集]
 
こういうの面白いですね。
70年代から2010年代までの入試科目や倍率なんか
見てみたいですがこういう資料ってどうやって手に入れるのでしょうか?
【2015/02/22 14:44】 URL | 名無し #- [編集]
失礼しました。

ご指摘ありがとうございました。
記事内容を変更させていただきました。
【2014/06/01 22:27】 URL | カズさん #- [編集]
 
数字を見る限り、難関大5番目は慈恵ではなく昭和だと思いますが。
【2014/05/31 19:15】 URL | #- [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/903-8dabb551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ