FC2ブログ
誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

広告配信 ×

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

本ブログの人気記事 ×

カレンダー ×
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

やはり、飲みすぎだよ!ボンド君
【2018/12/24 21:05】 環境・自然科学・健康など
James-Bond.jpg 

https://www.lapatilla.com/2013/12/13/james-bond-es-alcoholico-e-impotente-segun-estudio/james-bond-3/
から


先日に続き、くだけた内容で申し訳ないです。
X'mas イブということで、お許しいただきたい。

以前もこのブログ記事でも、扱った007関係の記事。
007は飲み過ぎ 「任務不能」と英研究者


以前の記事では、
イアン・フレミング原作の作品から
ボンドの飲酒量を測定し、
任務どころではないと結論づけていた。

今回は、007映画 24作品を観賞して
作品中でのボンドが飲む飲酒量を
推定した論文を、

今回はオーストラリアの英文誌:
Medical Journal of Australiaのクリスマス論文


Wilson N1, Tucker A2, Heath D3, Scarborough P4.
Licence to swill: James Bond's drinking over six decades.
2018 Dec 10;209(11):495-500.


に掲載されたようです。

タイトルは

”Licence to swill:
James Bond's drinking over six decades”


日本語でいえば、
”がぶ飲みライセンス:
60年以上にわたるジェームズ・ボンドの飲酒”


 
内容についてはーーーーー:READ MOREへ



関連記事(一部広告含む)



ジェームズ・ボンドが飲酒に関して
慢性的な問題を抱えていることを示す、
強力かつ一貫した証拠があります。
彼のアル中は、極度に深刻な状態にある。


この論文によれば、
ボンドが「007」シリーズ中で
口にしてきたお酒は累計109杯
(1作品あたり約4.5杯)

にのぼったそうです。

「007」シリーズ作品の中で、
ジェームズ・ボンドが
一番たくさん酒を口にしていたのは、
2008年の『007 慰めの報酬』 で、
この時は24杯も飲んでいました。


20151012214848.jpg 
https://cinema.spotnote.jp/007_quantumofsolace/ から



この時のアルコール血中濃度は、
0.36 g/dLと推定 
され、
通常人の致死量に相当するようです。


ちなみに、
BMJにおける論文においては
飲酒量最大の作品は、

”You Only Live Twice:007は二度死ぬ”

でした。


you-only-live-twice-cover-450x235.jpg 
フレミンング原作の ”You only live twice” の装丁

https://www.thejamesbonddossier.com/james-bond-books/you-only-live-twice-book.htm から


さらに、ボンドの仕事に危険を伴う行動、
たとえば武器を扱ったり、
スーパーカーで市街地を走り回ったり、
戦車を盗んだりといった行動が
つきものである点を踏まえ、
1~2杯程度のアルコールでも
危険性が大きく高まるとしています。 


彼はこの55年間、英国のために人殺しを続けてきました。
彼が、その問題にうまく対処できず、
結果として酒量が増えている。


M16という職場が、
その問題を大きく取り上げ
社会的サポート体制を敷くべきだ。

と結論づけた。


以前のBMJでの原作主体で
ボンドの飲酒量を類推した論文同様に、
映画作品からみたボンド飲酒量も相当なもので、
ボンド君はやはり慢性アルコール中毒であるようだ。

興味ある方は、
原著論文に当たってみてください。


それにしても、この論文を仕上げるために、
4人の著者のうち、3名がアルコールイベント
を検証したようである。

はたして、
この3名の著者は何時間かけて、
24本の007映画を観賞したのだろう。

3人とも、ボンドおたく?
なんだろうか?


テーマ:キャリア教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/2023-8a4c873e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

広告配信2 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

アーカイブス ×
折り畳み式になっていますので、各年をクリックして下さい。

リンク ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ