FC2ブログ
誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

FBページ ×
本ブログのFBページです。 このページも訪問して、よければ いいね を押してくださいね。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


医学部受験のためのセンター試験分析2018・地理
【2018/11/15 04:21】 医学部予備校クエストから
前回にひきつづき、医学部受験生にとってのセンター試験。
今回は地理についてです。
地理といえば、以前は、資料読み取り問題における微妙な(何とでも言える)問題によって、高得点を狙いにくかったです。しかし今回は、そういう問題は少なくなっているようです。図表から素直に読み取れる問題が多いです。高得点が狙えるありがたい科目です。来年どうなるかはわかりませんが。
 
第3問問4 首位都市(国内人口最大の都市)の人口割合と都市人口率から、バングラデシュがどれかを選ぶ問題。人口割合や都市人口率は、過去問でちょくちょく出ていますので、しっかり押さえておきたいところです。
首位都市の率は、インドや中国が非常に小さく、1%程度です。これは人口が多いためで、例えば1000万人都市があっても人口10億人の国では1%になってしまいます。次に、日本・イギリス・フランス・アメリカも首位都市の率は小さいです。国内に有力な都市が多いと、首位都市の占有率は小さくなります。
都市人口率は、1:先進国では高い、2:人口大国では低い、3:就農率と対照的な関係になる、4:砂漠や寒冷地の国だと高くなる、という傾向です。
 
第4問問3 西アジアに関する問題。易しいですが、このレベルの問題が解けるかどうかが、センター地理を選択するかどうかの基準になると思います。
特に問3は、アラブ首長国連邦(UAE)、イスラエル、イラン、レバノンの宗教別人口割合の問題。イスラエルは論外として、「アラブといえばイスラム」程度の知識しかないと太刀打ちできません。常に「第2位」についての知識を意識するようにしたいです。歴史や政治経済の知識も必要になります。イスラム以外の信仰に対する寛容度にも差異があり(イランは厳しく処罰対象ともなるがUAEは寛容、一般に貿易立国は他宗教に寛容)、UAEは南アジアの労働力が大きい、レバノンは歴史的経緯より東方カトリックが有力、という感じです。
なお、問2は誤文を選ぶ問題で、正解(つまり誤文)は(3)ですが、ここで代ゼミが、『ただし、問2の(2)もサウジアラビアの2015年以降の小麦生産量が大きく減少していることから、「適当でないもの」となる可能性を否定できない。』と指摘しています。サウジアラビアは、国策で小麦自給率を100%にしましたが、水資源枯渇の問題で、数年前より小麦生産は大きくストップしています。この地域の農業が国策によって大きく左右されることは知っておくとよいでしょう。
 
第5問問4 話題にもなった、アニメ(ムーミン)と言語の問題。当然、アニメに関する知識を使って解く問題ではありません。バイキングといえばノルウェー、そしてスウェーデンとの言語の相違性(フィンランド語はウラル語族)を考えて解答します。まあ、アニメを選ぶ問題の手掛かりが、作品名と挿絵しかないので、やや厳しいかもしれませんが。
 
対策としては、基礎知識の獲得は当然の上で、さらにたくさんの図表を見慣れておくことです。その際には、歴史の知識を使うことになりますし、宗教・交通についてはある程度細かい知識も知っておくとよいでしょう。
関連記事

関連記事(一部広告含む)



テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1995-e4e26fbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ