誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
15位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


過去問対策・日本医科大化学2017
【2018/09/27 18:46】 医学部予備校クエストから
前回に引き続き、2017年度の過去問を題材に、解法や勉強方法をみていきます。
今回は、日本医科大医学部の化学です。過去問は、大学や医学部予備校(インテグラさんなど)のサイトに掲載されていることがあります。検索してみると、問題を見つけることができるかもしれません。
数学と同様、化学も、年度によって難易度のバラつきがみられます。この年は比較的易しいです。もちろん、易しいからといって合格しやすくなるわけではなく、高い点数の勝負となるということです。
 
大問[II] 。半透膜の浸透圧の問題。しくみは易しいです。水溶液と純水を半透膜で仕切り、水溶液側の気圧を調節することで、液面の高さが変わるというものです。
問1では圧力のつり合い式を使って浸透圧を求める問題です。溶液側気圧+液面差水圧=浸透圧+大気圧、というつりあい式(この式を立てる発想は、物理選択者に有利です)に、問題文で与えられている数値を代入します。
問3では、水溶液体積を求めます。赤本では、溶液濃度が浸透圧に比例、そして濃度と体積が反比例、という関係を使って、求める体積を一発で出しています。比例反比例の使い方がやや中学入試的で、多くの受験生は「言われたらわかるがそのあたりの感覚は昔の頃ほど鋭くはない」という感想でしょう。純水側の管の高さをhとでも置いて等式を立てる、というほうが好まれると思います。
問6は「逆浸透」という言葉を答えさせる問題です。知らないと無理でしょう。溶液側に圧力をかけて、溶液中の水分子だけを移動させる方法です。高い圧力に耐えられる半透膜の開発が進んでいるので、純粋な水を取り出す方法として、よく使われるようになりました。注射用の無菌純水を作る方法です。
 
大問[IV] は生体物質(リン脂質)の構造に関する問題。生物選択者に有利ですが、化学の教科書・問題集に掲載されている程度の生物知識は、持っている必要があります。いつも言っていることですが、医学部受験生は、高分子化合物についてはマニア的に知っていても、損しません。
ホスファチジルセリンについて、問5では構造式を書きます。もちろん、問題文から推測できますが、しかしリン酸とアミノ酸(セリン)の結合を正確につかめないとミスしてしまいます。脱水して結合するのは、セリンのCH2OH基のOHとリン酸のOHです。
さらに問6では、「通常の油脂は細胞膜を構成しないが、ホスファチジルセリンは細胞膜を構成できる。その理由を書け」というものです。物理選択者は戸惑うかもしれません。リン脂質二重層の話から、疎水部分と親水部分がともに存在するということを書けば大丈夫です。問題文のホスファチジン酸の構造式は、丁寧にも、脂肪酸とリン酸が逆向きにくっついています。これが実はヒントなのですね。なお、ホスファチジルセリンは人のストレス耐性や多動性に影響をするので、スポーツやADHD児童の分野で注目されているということも、マニア的に知っていても損しません。

数学

(赤本より引用)

 
対策について。
やはり受験化学としては難易度が高いことと、定型問題よりもやや新奇な題材を選んでくる傾向がある、という点を踏まえて、レベルが高めの問題集を解くとよいでしょう。化学が苦手な場合は重要問題集レベルでいいですが(設定が込み入っているような問題は飛ばしていいです)、できれば新演習あたりに踏み込んでいきたいです。あとは難関国公立医学部の問題も、いい練習になります。
また、前提として、普通の構造決定とか格子エネルギー計算などは、ノーミスで解けるように訓練することが大切です。覚えるべきものはどんどん覚えていき(芳香族の分子量など)、時間節約と正解率アップを常に心がけていきましょう。
関連記事

関連記事(一部広告含む)



テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1960-59148f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ