誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
7位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


上位10都道府県で6割 都道府県と医学部合格者の関係
【2018/09/14 17:31】 医学部・難関大出身校ランキング
上位10都道府県で6割 都道府県と医学部合格者の関係

都道府県と医学部合格者の関係

2018年9月13日 (木)サンデー毎日 の記事:m3com から



Exam-hall-300x225.jpg 

http://www.helenjaques.co.uk/blog/2010/medical-school-entrance-exams-diversity/


一都三県で医学部合格者数の3割以上を占める

高校所在地別に医学部合格者数が多い順に並べてみると、
東京都が国公立大だけで760人、
私立大も含めた合格者数では
2,282人でトップ
となっています。

東京都の高校は
神奈川、埼玉、千葉からも多くの学生が通うため、
東京の高校出身イコール東京都出身というわけではありませんが、
首都圏で非常に多くのシェアを取っていることが分かります。

首都圏の一都三県だけで見た場合、
国公立大合格者数が900人超で全体の20%、
医学部合格者数全体だと約3,700人で
全体の3割以上
という計算になります。

ちなみに
私立大の合格者数だけで見ると、
約45%が首都圏の高校出身
となります。



続き:READ MOREへ

関連記事(一部広告含む)



逆に
医学部合格者が少ない都道府県を見てみると、

最も少ない鳥取県が41人、
次いで少ないのが滋賀県と福井県で55人、
山口県の57人
となっており、
合格者全体の0.5%前後です。

下のグラフは、
都道府県別の医学部合格者数と、
合格者数全体を100%とした場合のグラフです。
医学部合格者が多い上位10都道府県で、
医学部合格者の実に60.8%に達します。
合格者の重複率が少ない国公立大だけで見ても、
上位10都道府県で55.3%になります。

180913_sunday_kenbunpu2.png
医学部合格者数を100%とした場合の、積み上げグラフ
※サンデー毎日の調査結果より。


生徒数当たりの合格数は奈良県が1位

医学部合格者の多い上位5つの都道府県を見ると、
単純に生徒数が多い都道府県が合格者数も多いようにも見えますが、
20位まで見てみると、必ずしも生徒数が多い学校ばかりではありません。

例えば以下の表にまとめているように、

奈良県は高校生人口が28位ですが、医学部合格者数は9位であり、
高校生人口あたりの医学部合格者数では全国1位です。

同様に、
鹿児島県・愛媛県などは高校生人口が少ないわりに医学部合格者数は上位で、
高校生人口に対する医学部合格者数の割合が高いことが分かります。


これらの都道府県について、

医学部合格者の出身高校を見てみると、

奈良県は東大寺や西大和、帝塚山、
鹿児島県はラ・サール、
愛媛県は愛光と、
1校で100人規模の合格実績
を出す、
超トップ校と言われるような学校があることが分かります。

上記のような全国的に有名な中高一貫校が1校あるだけで、
全国順位に大きな影響が出てしまうのが医学部受験の現状です。
これらの学校は越境入学も多く、出身地は高校所在地と別、
という学生も少なくありません。

180913_sunday_kenbetu_.png 
※サンデー毎日の調査結果より。
※都道府県別の人口データは 「平成27年国勢調査」(年齢・国籍不詳をあん分した人口)より。
※高校生数のデータは平成29年度学校基本調査(文部科学省/平成29年12月22日発表)より。
 


中高一貫と公立高校 地域ごとの複雑な力関係

上記の表を見ると、東京のような特別な都市部を除いて、
地域別に医学部合格者数を見る場合、
強い中高一貫校の存在と併せて見て行く必要があります。

前述のラ・サールや愛光のように、
越境入学が多い学校の場合は、
隣接する都道府県からの流入も起こりますので、
隣接県も含めた中高一貫校との力関係を見て行かなければいけません。


例えば以下は愛媛県の中高一貫と公立高校の医学部合格者の関係です。

180913_sunday_kenbunpu3.png 
※サンデー毎日の調査結果より。
※高校生数のデータは平成29年度学校基本調査(文部科学省/平成29年12月22日発表)より。



高知県では土佐高校が42人医学部を出している一方、
公立高校出身はわずか4人
となっています。
4人の内3人は中村高校で、高知県の公立高校から医学部を狙うには
中村高校に入るのが必須に近い条件
になります。

その一方、
愛光高校のある愛媛県は公立高校も48人と一定の合格者数を出していて、
松山東などの公立高校からでも十分医学部が狙えると言えます。

愛媛県は中高一貫が強いのに、公立の実績も高いのには理由があります。
愛光の場合は関西や中国地方からも学生が集まるため、
優秀な地元の学生が必ずしも愛光に入学しているわけではありません。
そのため、地元の優秀な学生は公立に進学するケースが多く、
公立高校の合格実績も一定数出ていると考えられます。


ということだそうです。

奈良県の医学部進学率は特筆すべきものがあるでしょう。

高知は昔からこの傾向。

高知御三家といわれる
土佐
高知学芸
土佐塾

のいずれかに進学しないと
医学部はかなり難しいのは高知では常識。

menshin_tosa_1.jpg 
新築されきれいになった高知の土佐高校
http://n-arc.info/works_popup/menshin_tosa.html


高知市中心にあるかつての公立名門高校:
追手前高校からは医学部受からないのでしょうか?

00000000000000479553_0000001883_2.jpg 
どことなく名門の佇まいを残す高知追手前高校
http://www.homemate-research-high-school.com/dtl/00000000000000479553/imagelist/

高知県では、優秀な人間はほぼ医学部に進学してしまうようです。
主要産業は農業と漁業。

他の商業関係も今一つのため、
理系の医学部を目指す方が多いのでしょう。

ただ人口が減る割合に比べ、
医師数も多く、これからはどうなるのでしょうか?
関連記事

テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1947-fc6b4d50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ