誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
9位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


「試薬廃棄作業で肺気腫に」 元学生が旭川医大など提訴
【2018/09/10 06:00】 医師卒後
「試薬廃棄作業で肺気腫に」 元学生が旭川医大など提訴

朝日新聞デジタル(アピタル) 医療 2018年08月18日(土) 配信

failed-experiment-28221059.jpg
https://www.dreamstime.com/royalty-free-stock-images-failed-experiment-image28221059


川医科大の学生時試薬を廃棄中に発生した有毒ガスを吸い、
肺気腫などを発症したとして、
北海道旭川市に住む同大の男性医局員(38)が、
同大と指導教官だった男性准教授を相手取り、
計約3億円の損害賠償を求める訴訟を旭川地裁に起こした。
また、この指導教官からパワーハラスメントなどを受けたとして、
550万円の損害賠償を求める別の訴訟も同地裁に起こした。


さらなる詳細は READ MORE へ

関連記事(一部広告含む)



訴状によると、
男性は同大6年生だった2009年11月、
指導教官の指示で実験室の試薬を廃棄中、
ポリタンクに集めた薬剤が混ざり合って爆発。
男性は発生した有毒ガスを吸い、
発熱やせきなどの体調不良が続き、
16年に閉塞性(へいそくせい)細気管支炎、
17年に肺気腫と診断された。
現在は慢性呼吸不全で、肺移植を待っている状態だという。

原告側は、廃棄した試薬の容器内に、
ラベル表示と異なる性質の薬が含まれていたことが
事故の原因と指摘。
指示をした指導教官と同大に安全配慮義務違反があったと主張している。

男性は卒業後、12年11月から同大の医師、医局員として勤務。
同じ指導教官の下で実験や研究にあたったが、
度々「実験がうまくいかなかったらお前は終わるぞ」
「精神的なもので体調が悪くなったのではないか」などと言われ、
暴言によるハラスメントを受けたとも主張している。

男性はハラスメントの調査を大学側に求めたが、
大学側は確認できなかったと回答。

昨年11月に再調査の意思がないとする回答を受けたため、提訴したという。
男性は17日、旭川市内で記者会見し、
「私の体もいつまでもつか分からない。
第二の犠牲者を出さないよう訴訟を起こすことを決断した」と訴えた。

 同大の広報担当者は取材に対し、
「訴状が届いていないのでコメントできない。事故についてもお話しできない」としている。


なぜ、事故にあった同じ教室で
卒後にまた働いたんでしょうかね?

大学側のパワハラの実態はいかに?

私も学生時代に基礎の教室で、
文化祭用のイベントのために何度か通ったが、
上記のような怖い経験はせずに済んだ。

みなさんも他人事ではありませんよ。

医学部入学後は気を付けてください。



関連記事

テーマ:キャリア教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1945-c644ab0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ