誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
11位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


神童 = 幸福な人生?
【2018/06/06 21:16】 News
Yahoo News (2018 6/6配信)から引用改編

tobikyu1.jpg 
https://www.ryugaku.com/sakaecolumn/tobikyu.html から


高2で相対性理論を理解

ちょうど20年前の'98年春、千葉県在住の高校2年生・佐藤和俊さんは、
新聞各紙、テレビ各局で大々的に取り上げられた。
それは日本初の「飛び級」で千葉大学工学部に入学を果たしたからである。

佐藤さんは、千葉大学が行った物理学の分野で優秀な人材を
募集する「飛び入学」選抜に合格した天才少年だった。

いまや37歳となった佐藤さんは、現在の仕事についてこう語る。

「トラック運転手をしています。
時間は不規則で、朝の3時から走り出すこともありますね。
ただ、日曜と祝日は休みなので、
家族と過ごせる時間がきちんとあることがありがたいです。


続き:READ MORE へ

関連記事(一部広告含む)



どんな道のりを歩んで、神童はトラック運転手になったのだろうか。

「中学2年の終わりころ、数学の授業で先生から
『今見ている星は消滅している可能性がある』という話を聞いたんです。
それから、『光ってなんだろう? 』って考え始めたんですよね。

いろいろ勉強してみたくなり、それこそ相対性理論だったり、量子力学だったり……
だから、数学と理科をやらなきゃ理解できないって思ったんです。
本気で勉強を始めて、中3のときは、数学と理科の試験は何度も満点を取りました」

高校受験は志望していた地元の進学校に進む。
高校では化学部に所属。
加えて、数学、物理、化学を重点的に勉強した。

「数学、物理、科学、英語の試験はだいたい満点で、
この4科目は学年1位のことがほとんどでした。

国語や社会は赤点だったりもしましたけど(笑)。
高2の夏休み前から相対性理論を勉強し始めて、
秋には理解できるようになっていたと思います。

飛び級制度は、高2の夏ごろにたまたま知って挑戦することを決めました。
量子力学などの勉強を早くしたかったんです。
高校の物理は、自分が疑問に思ったことに対してあまり答えが出てこなかったんですよ」

佐藤さんは高校3年生を経験しないまま、千葉大学工学部物質工学科に通うことになった。
新聞やテレビから次々と取材を受けて、周囲がザワつくこともあったが、
佐藤さんは特に気にならなかったという。
吹奏楽のサークルにも入り、大学生活を満喫した。

「大学3年になって研究室に入り、半導体について勉強していました。
将来は研究者になりたいと考えるようになりましたね。
やはり、紙の上だけでなく、実験をやることが楽しかったんです」

佐藤さんは千葉大学大学院に進学する。
修士課程を終えると、宮城県にある財団法人の研究所で研究職に就いた。
だが、昨今、大学院を出ても研究者として安定した職を得るのは困難というのは、
よく知られた話である。それは元「天才少年」でも同じだった。

「研究職として月給は手取りで約20万円でした。
しかも、1年契約で何年更新できるかもわからなかった。
大学院生時代に中学時代の同級生と結婚して、娘も生まれました。

子どもがいる状態で、1年契約の仕事をすることは不安でしたね。
安定した生活にシフトしたいという気持ちになり、
研究職は1年で辞めて、地元の千葉に戻りました」

その後、トラックの運転手をしながら、
塾の講師も行いつつ生計を立てているとのこと。


飛び級は確かに魅力的な制度であるが、
必ずしも富を得た幸福を掴みとれるは限らないようである。

やはり、いろんな方向に頭をめぐらして、
生きていく必要がありそうである。

この御仁が医学部に入学した場合はどうなるんだろうか?

人間的にも他人を理解する必要性もあり、
必ずしもよき医師になれるとも言い切れない。

人生、寄り道も必要なのであろう。
浪人することも意味があるんだろう。

人生は難しい

そこが、また楽しいものなのかもしれない。

関連記事

テーマ:キャリア教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1886-f9e3a4a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ