誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
14位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


医学部定員、2022年度以降、減員か?
【2018/05/23 20:05】 News
医学部定員、「2022年度以降、減員に向けた議論が必要」

第3次中間取りまとめ案を了承、「週60時間勤務に制限」が前提 

m3.com編集部 2018年5月21日 配信

Doctor_Stock.jpg 
http://kut.org/post/texas-lawmakers-look-cure-fewer-doctors-taking-medicaid-patients



厚生労働省は、
5月21日の「医療従事者の需給に関する検討会」の
第20回医師需給分科会(座長:片峰茂・長崎大学前学長)に対し、

2020年度と2021年度の医学部定員は、
「2019年度の医学部定員を超えない範囲」にし


2022年度以降は、
将来的な医学部定員の減員
に向けた議論としていく必要がある」

とする第3次中間取りまとめ(案)を提示、修文等は座長一任の上で、構成員の了承を得た。


続き:READ MORE

関連記事(一部広告含む)



2008年度以降の医学部の臨時定員増では、「地域枠」を中心に増やしてきた。

第3次中間取りまとめ案では、
「臨時定員を削減する場合でも、地域間で医師偏在がある場合には、
その偏在に応じた程度まで、地域枠のニーズは残ることになる」と指摘。

第3次中間取りまとめ(案)は、
5月28日に開催予定の「医療従事者の需給に関する検討会」で議論し、
了承が得られれば確定する。



2022年以降は、医学部定員は減らす方向だが、
地域枠の存続は場合に限っては考慮する。

つまりは、一般枠は減らしていく方向ということか。

地域枠は一種の差別入試に他ならないので、
国公立大学では、いかがなものだろう?

地域枠学生の学力レベルは維持できるのだろうか?

医学教育学会などでは、地域枠学生は問題ないと
言われているが、真偽のほどはどうなのだろうか?

ただでさえ、少子化で受験者数自体も減るわけで、
もう少しガチンコ勝負の入試にしてもらいたいものである。

496__aW1nXzZfMQ-D-.jpg 
この表でも分かるように、地域枠の門戸ははるかに広い。
https://medica-pedia.jp/school_articles/archives/17 から引用


さらに、

これから、地方大学の再編も起こりえるので、
どうなっていくのだろうか?

関連記事

テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1879-64c61915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ