誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
17位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

プロ家庭教師が教える医学部受験に役立つ学習法

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


難病と闘う灘高生:医者を目指す
【2018/05/10 06:12】 News
「医者になる」 難病と闘い、夢を追う18歳少年

神戸新聞NEXT (2018/5/9)から転用

「一時は自殺まで考えた」。
起き上がれないほどの慢性疲労、かすみがかったような頭の中、
意識障害、吐き気に腹痛…。

小学生の頃から幾重にも襲いかかる原因不明の体調不良に苦しんできた少年が、
ようやく病名を突き止め、治療を続けながら、
「医者になる」という夢に向かって歩き出した。

d_11236558.jpg 
「体力をつけて、勉強を続けていく」と
参考書を片手に話す藤田春満さん



詳細:READ MOREへ



関連記事(一部広告含む)



京都府長岡京市在住で、神戸市東灘区出身の藤田春満さん(18)。

病名は「脳脊髄液減少症」。

交通事故や転倒、強い衝撃で髄液が漏れるなどで起きる。
多くの患者は自分の血液を注射してふたをする「ブラッドパッチ」を施すのが一般的という。

ところが、藤田さんは、
思い当たるような強い衝撃がなかったことと、
主症状の頭痛がほとんどない珍しいタイプだったことから、
この病気の診断がつかず、長年原因が分からなかった。

何人もの医者の診断を受け、「最後の可能性」と、
明舞中央病院(兵庫県明石市)脳神経外科での検査で、
髄液が漏れていることが分かった。
発症からすでに10年が経過し、慢性化していた。

 「一番悔しかったのは大好きな勉強が続けられなかったこと」と藤田さん。

起き上がってもすぐに倒れ込み、吐き気で給食も食べられないこともあった。

小、中、高校と一度も修学旅行に参加できなかった。
それでも、わずかに調子のいい時には本を読み、
勉強に励み、中学時代は偏差値90を維持していたという。

悪化する病状に全日制高校を諦め、
通信教育で卒業資格を取ろうとも考えた。
しかし、全国有数の進学校・灘高校への憧れは捨て切れず、
「記念に」と受験し、見事合格
した。

入学後も、体調は芳しくなく、教室では強い倦怠感から寝てしまうことも少なくなかった。
病名が判明したのは高校1年の時。ブラッドパッチによる治療が始まった。

最初の2回は、免疫系統や自律神経系統に少し改善は見られたが、
普通の生活にはほど遠い状態だった。
一番望んでいた、霧がかった思考からは解放されずに自暴自棄に陥った。

「どうせ治らないなら死んだ方がまし」と病院のベッドから窓に走りだしたこともあった。
頸椎への3回目のブラッドパッチが功を奏し、「徐々に脳が回復してきた」という。

今春、灘高を卒業した。
受験勉強はかなわず、友人が東大、京大と旅立つ光景はまぶしかった。
それでも病と闘いながら懸命に通学した高校生活を「多くの先生や友達に恵まれた」と振り返る。

現在はリハビリと同級生から譲り受けた参考書を手に、体調と相談しながら過ごす日々。
「勉強できる」喜びをかみしめ、いつか大学受験も果たしたいとの思いを強くする。

最近うれしかったのは、初めて友人と外食ができたこと。
これまでは体調が悪くて遊びには出られなかった。
「一緒に食べたラーメンは格別」と笑う。

医者になることが夢といい、「患者の気持ちの分かる医者になりたい。
そして、同じ病気の患者には『決して諦めないで』と伝えたい」。



勉強が出来ないほど、衰弱していても、偏差値90 ?
これだけでも化け物のような学生さんです。
記念受験で灘高に合格!?
これも、また凄い。
今年度はどこの医大を受けたんでしょうか?
京大あたりでしょうかね。
いずれにしても、どこかの医学部には確実にいけるでしょう。
患者さんの気持ちに寄りそえる
頭のよい医師になってもらうことを望みます。


関連記事

テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント
確かに、その通りですね。
good doctorになることを願うばかりです。
【2018/05/12 21:36】 URL | カズさん #- [編集]
 
満足に勉強ができない状態ながら偏差値90を維持し続けたのが次元が違いすぎて驚きました。世の中には天才では言い表せない人もいるんですね。いいお医者になってもらいたいものですね。でもここまで賢いと研究医などでもいいのではと思いますね。医師は体力勝負なところがありますからその辺も大丈夫なのか心配になりますね。
【2018/05/10 23:56】 URL | tak #L8AeYI2M [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1873-c116b5d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ