誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
11位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


2018年度医学部入試、センター試験速報 (国公立)
【2018/01/19 06:00】 志願者状況
2018年度医学部入試、センター試験速報!
第一志望9.6倍の大学も 偏差値・志望者最新動向

2018年1月18日 (木)配信 m3.com から抜粋

駿台予備校とベネッセコーポレーションは1月17日、
大学入試センター試験(1月13~14日実施)の自己採点集計「データネット2018」や
判定基準の偏差値順位、倍率などを公表した。
受験生はこれらの結果などを参考に最終的な出願大学を決め、1月31日までに出願する。

2018年度センター試験の受験者中、
計50の国公立大学医学部医学科(前期入試)を第一志望とした人数は、
2017年度比703人減の1万4882人。

全体の倍率は0.19ポイント減の4.06倍となった(2018年度前期入試の定員は計3668人)。
2017年度は、医学科第一志望の受験者数が1万5585人で、全体の倍率は4.25倍だった。


倍率1位は旭川医科大学


定員に対し、第一志望者数が多く高い倍率を示したのは、
一桁程度の定員になっている「地域枠」等を除くと、
旭川医科大学(定員40人)の9.6倍が最高だった。

次いで
秋田大学(同55人)の8.6倍、
弘前大学(同50人)の6.9倍、
横浜市立大(同60人)の6.4倍、
筑波大学(同63人)の6.0倍
などが高かった。

一方、
第一志望者が「0人」だった大阪市立大学・地域指定枠(同5人)などをはじめ、
志望者数が定員に満たなかったのは、
横浜市立大学・医療枠(同20人)0.1倍、
鳥取大学・鳥取枠(同5人)0.2倍、
大阪市立大学・地域枠(10人)の0.3倍、
横浜市立大学・診療枠(5人)の0.6倍、
筑波大学・全国枠(10人)の0.6倍
となった。
計20ある地域枠等のうち、3割に当たる4大学の6地域枠等が、センター試験の段階では定員割れ だ。

2017年度よりも第一志望の倍率が上昇した大学は、定員が少ない地域枠等を除くと、
弘前大学の176.9%、
熊本大学143.3%、
島根大学127.4%、
秋田大学126.7%、
大阪大学123.9%、
大分大学123.0%

などの順。

地域枠等だけに限ると、
横浜市立大学・診療枠と群馬大学・地域枠の300.0%が最も高く、
高知大学・地域枠の200%などが続いた。

第一志望倍率が下がった大学は、
福島県立医科大学62.7%、
奈良県立医科大学66.7%、
岐阜大学72.2%

など。


B判定基準4位以下に変化

B判定基準の偏差値順位では、
1位の東京大学から2位の京都大学、3位の大阪大学と、ベスト3は2017年度と同じだったが、4位以下は変化した。
4位は、2017年度6位の東京医科歯科大学と昨年8位の広島大学が順位を上げた。
6位は昨年2017年度5位の九州大学。
2017年度は4位だった東北大学は他の3大学と同率で7位だった。



表1 2018年度大学入試センター試験後の国公立大学(医学部医学科)第一志望者の状況 (前期日程)

180118na_kokuritsu_zenki.png



表2 2018年度大学入試センター試験後の国公立大学(医学部医学科)第一志望者の状況 (後期日程)

180118na_kokuritsu_kouki.png

【掲載データについて】
1)表1と表2のデータは、駿台予備校とベネッセコーポレーションが運営する大学入試センター試験自己採点集計
「データネット」の公表数値より抜粋。
「B判定基準」が高い順に掲載。
2) 今年度のデータネットの集計数は464,300人であり、センター試験の志願者数に対する集計率は79.7%となった。
3)各大学の学部は、医学科を持つ学部の前期入試を対象に集計。
東京大学については、理科三類を集計。
4)定員数については、一部の募集単位については「約」の数値のため、上下する可能性がある。
5) 判定の基準は、A=合格可能性 80%以上 B=合格可能性 60%以上 C=合格可能性 40%以上。
6) 「B判定基準」は各募集単位の個別学力検査の教科・配点で集計した判定値を表示。
※センター試験のみの場合や個別学力検査で教科試験以外のみを課す場合は空欄。
 7)第一志望者数、「B判定基準」(合格可能性60%以上)は、ベネッセがセンター試験後に
実施する自己採点結果と志望大学調査(参加者数464,300人)を集計した数値。



という結果のようです。
定員割れの地域枠、このままいくと全員合格?






関連記事

関連記事(一部広告含む)



テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1745-be6b9cb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ