誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
6位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


医学部受験のためのセンター試験分析2017・倫政
【2018/01/07 13:00】 医学部予備校クエストから
前回にひきつづき、医学部受験生にとってのセンター試験。今回は倫理・政経についてです。
今回も全体的に問題は易しめでした。特に、思考推理問題が素直になっているというのはポイントであり、高得点に向けての勉強がしやすいです。
 
第1問問1。美術分野の知識問題は少し苦戦するかもしれません。音楽・芸能を含め、人名と代表作、簡単な作風を覚える作業は怠らないようにしたいところです。
 
第2問問6。柳宗悦について、問題が「やや細かい」と評されています。ここで選択肢に上がっている折口、伊波、九鬼のうち、伊波普猷(いはふゆう)は少し細かいですが、他は「民芸」「いき」といったキーワードを押さえれば大丈夫です。この分野では柳田國男はもちろん、南方熊楠、鈴木大拙も重要です。
 
第3問問1。今年の倫政は、倫理分野に比較的難問が多かったようです。問1は正解のパルメニデスがややマイナーであるだけでなく、誤肢の(1)ヘラクレイトスの「火」「万物流転」や(3)プラトンの「イデア」「二世界」、(4)マルクス・アウレリウスの「ローマ皇帝」というキーワード自体は合っているのです。ですので、細かい問題だといえます。正直言って、取れなくても仕方がないレベルかなと思います。なお、こういうキーワード自体は合っている問題は、予備校業界用語で「理解が求められている」と呼ばれ、難問に属します。
問6は、メルロ=ポンティは身体=媒体論、フッサールは意識(認識)記述論、というキーワードで正解を導けます。しかしフッサールもいろいろなことを述べており(意識記述論は比較的前期の話です)、易しい題材とはいえません。新しい思想家は解釈が定まっていないことも多く、それが正解を導くことを難しくしています。
 
第4問問2。日英仏の議会議場の様子から、どの国のものかを答える問題です。予備校によっては「写真」を手掛かりに、という解説もあります。しかし議場の写真をみてイギリスのものだと答えられる受験生は多くはないでしょう。ここは議場のつくりを無視して、「日本の国会は旧憲法下では協賛機関であった」「フランスの議場が左翼右翼の語源となっている」という説明部分で押さえるほうがよいと思います。出題趣旨もそこにあると思います。
 
第5問問4。出来事(郵政民営化選挙など)の年を覚えていないと正解できない問題、と言われています。たしかにそうなのですが、しかしグラフをよくみると、「選挙が影響を及ぼしていると回答した人」は1998年以後ずっと増えており、そうすると、郵政民営化選挙の細かい年号を覚えていなくても「最近のこと」程度に覚えていれば大丈夫です。むしろ誤肢(1)の「小選挙区制の最初の選挙」は1996年ですから、このほうが微妙でしょう。1999年だと思ってしまうとアウトです。選挙制度や裁判制度については、新しい情報も含めて丁寧に押さえることが大切です。

対策について、今回も以前書いたものを再掲します。
類推力などを養うためには、政治経済に関する文章をある程度読んでおくとよいでしょう。とはいっても、医学部受験生は医療に関するものを読むのが優先なので、国際情勢や社会問題などに手を出す余裕はないかもしれません。ただ、社会的な感覚や知識が極端に足りないと、小論文や面接で手痛い思いをすることになるので、注意が必要です。
関連記事

関連記事(一部広告含む)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1736-2210920d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ