誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
16位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

プロ家庭教師が教える医学部受験に役立つ学習法

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


過去問対策・順天堂大医学部生物2016
【2017/12/30 05:41】 医学部予備校クエストから
前回に引き続き今年も、2016年度の過去問を題材に、解法や勉強方法をみていきます。
今回は、順天堂大医学部の生物です。過去問は、大学や医学部予備校(インテグラさんなど)のサイトに掲載されていることがあります。検索してみると、問題を見つけることができるかもしれません。
 
生物も他の科目と同じく、やや問題量が多く、時間が足りないかもしれません。生物の場合は、読んで考える時間が多くなるので、一つの問題に意外と時間をとられてしまったということが起こりえます。普段の勉強で、解答時間も意識することが大切です。
 
第1問。細胞骨格に関する問題。少し選択肢が微妙な問題もあって、戸惑うかもしれません。問1では、アクチンフィラメントは細く、細胞の形を保ちます。一方で中間径フィラメントは太く、細胞や核の形を保つ役割を果たします。
また問4では、物質移動の際にアクチンフィラメントがレール、モータータンパク質が貨物列車のように働くというイメージがあればよいでしょう。そして、アメーバ運動では、アクチンフィラメントがゾル・ゲルと状態を変える(レール自体が変形して膜を動かす)というイメージがほしいです。このあたりを含めて、新課程で教科書が詳しくなった内容については、新しい参考書を使うことも大切です。
 
第3問は物質生産。医学部受験では学習が手薄になりがちな分野ですから要注意です。純生産量・同化量などの定義や、寿命の計算方法、また植物プランクトンの見つけ方、といった知識はまとめて押さえておきたいところです。
比較的難しいのは問1と問3でしょうか。問1は、数値を与えられた8つの生態系が何なのかを選択します。外洋(面積が大きい)や農耕地(現存量が小さい)などはすぐに答えられるでしょうが、沼沢湿原と湖沼河川との区別、農耕地と草原との区別あたりになると明確ではないかもしれません。これらの区別は現存量で決まり(面積で決めようとすると世界地理的な知識が必要)、沼沢湿原は植物(草木)が多いため現存量が多く、農耕地は定期的に収穫があるために現存量が小さいです。
問3は純生産量が大きい地域における、その理由が問われています。消去法ですぐ解答できますが、沼沢湿原と富栄養化との関係は一概には断定できません。赤本の解説も「ただし、富栄養化が進行している場合もある」とあり、歯切れが悪いです。他の選択肢が確実に純生産量を増やす要因になるものですから、消去法的に答えるのが現実的かと思います。
 
大問II。免疫の問題。知識は細かいのですが、典型的な医学部生物の問題ですし、参考書に載っている知識ですので、ここは得点源にしないといけません。逆に、ここを得点源にできないようであれば、「順天を丸腰で受験している」と言われても仕方がないくらいです
問2:抗原提示といえば樹状細胞。問3:T細胞の自己他者認識といえば抗原提示(あとはMHC・TCRなどを含めて、語義を説明しながら文章っぽくまとめれば80字論述でもOK)。問4:免疫抑制といえば免疫寛容。問5:免疫寛容といえば成熟過程で死滅。問6:自己免疫疾患の例はリウマチやI型糖尿病。すべて、即答が要求されるレベルです。
 
順天堂大の生物は、知識量、思考レベルともに医学部受験では標準的です。対策は、まず参考書をしっかり頭に叩き込んでから、センター試験やその対策問題集、類似傾向大学の過去問などを解いていくことです。普段から参考書の図表を紙に再現したり、一問一答問題集をたくさん読んでおくことが必要です。一問一答は大量に解こうとするとエネルギーと時間が意外に必要になるので、直前期の大量知識整理期には、問題と解答を読むだけでもかまいません。とにかく、難関医学部で「参考書に書いてある知識がそのまま出題されていた」場合に失点することは、非常に手痛いことなので、絶対に防ぎたいです。
関連記事

関連記事(一部広告含む)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1728-ec74e710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ