誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
12位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


大阪医大:教育改革?
【2017/10/15 21:12】 医学部入学後
学生と対話、集中講義に「ミニ国試」
- 大阪医科大・大槻勝紀学長に聞く


m3com 2017年10月6日 (金)配信 から抜粋

jcwighRMIIN6.jpg 
https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/3627/index.html


――医師国家試験対策を今年度から開始したそうですね。

これまで医師国試の合格率はそんなに悪くはなく、過去2度ほど、合格率100%を経験していますが、
今年は国試の結果が悪かったのです。

医師国試が10年ぶりに難しかったというのもありますが、
昨年は合格率96%だったのが、今年は82%。

さらに悪いことに、来年から国試が変わります。

一番解きやすい一般問題が100題減って、500題が400題になります。

難しい問題の比率が大きくなり、プレッシャーが増すわけです。
私の読みでは、数年後には全体の合格率がかなり下がると思います。
というのは、国試の合格率は、翌年度の臨床研修医の数で決まるので、
医師国試は資格試験でなくて競争試験です。

2016年、2017年と2つ医学部が新設されて定員が増えましたし、
東欧や中国の大学の医学部を出て日本の国試を受けに来る日本人学生もいます。
これからは大変ですよ。


上の書は好きな言葉「敬天愛人」

大阪医大は自由な校風で、悪く言えば「ほったらかし」です。
これまで6年生で留年させた数は毎年一桁。
よほどのことがない限り、ほとんどフリーパスで進級させてきました。
学年別で言えば、3年生はいわゆる進級試験がないので、ここで遊んでしまいます。
そのため、今年国試の結果が悪かったので、
予備校化したくないのですが、国試対策を始めることになりました。
自由な学風が大阪医大なのですけどね。
今年からは3年生にも進級試験を課すことになっています。


6年生は100人のうち下位50人に対して集中講義をやることになっています。

 僕らの頃は、できの悪い人、怠ける人をみんなで引き上げてきたんです。
でも今は、「自分が良ければいい」という学生が増えていて、
できない子には大学としてレスキューをしないといけない。

今更とも思いますが、知識の量的に不足している子は夏休みもないくらい、集中的にやらないといけません。
学生には、「一体いつ勉強しているの。試験の時くらい本気で勉強せなあかん」という話をします。
先生方も、これまで過去問を使って再試をやることが多かったのですが、
新問で全部やって頂きたいと教授会でお話ししています。

関西には医学部が国立4つ、公立4つ、私学4つあります。

そこで私の提案で、関西公立私立8大学学長の会というのを始めました。

そこで私が提案したのですが、公立私立8医科大学で学生が1000人いますから、8大学共通のミニ国試をしようと。
今年の10月にやります。大学の名前を背負ってこいと。
でも、そんなことまでしないといけないのかと、いまだに自問自答です。


数年前までは、進級に関してはざるのような甘さで知られた大阪医大。
ここ最近、急に進級が厳しくなったころは、噂で聞いていました。

さて8大学のミニ国試は何の意味があるのか、よく分かりませんね。









関連記事

関連記事(一部広告含む)



テーマ:キャリア教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1710-75e81f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ