誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
7位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ノーベル医学生理学賞:体内時計の解明
【2017/10/03 21:02】 環境・自然科学・健康など
体内時計に関しては、以前の英語の入試問題としてよく扱われてきました。

本ブログにおいても、以下の記事で紹介しましたが、
ようやくノーベル医学生理学賞の受賞となりました。

医学英語 (17) 体内時計 Biological clock

夜のカフェインは体内時計を混乱させる

金沢大が仕組み解明、睡眠障害「ナルコレプシー」治療に光

今回のノーベル受賞で、
再び英語の問題や小論文、面接で聞かれることもあるかもしれません。

ということで、簡単に毎日新聞電子版からの拝借。


tainai tokei 
http://www.tainaidokei.jp/mechanism/3_2.html


ノーベル医学生理学賞
米国研究者3人に 
体内時計を解明


毎日新聞2017年10月2日

受賞理由は「体内時計を制御する分子メカニズムの発見」

受賞が決まったのは、ジェフリー・ホール米ブランダイス大名誉教授(72)とマイケル・ロスバシュ同大教授(73)、
マイケル・ヤング米ロックフェラー大教授(68)。
同研究所は「画期的な発見。体内時計は私たちの健康と福祉に影響を及ぼす重要な研究分野に発展した」と評価した。

朝に目を覚まし、夜になると眠くなるような24時間のリズムを作り出す体内時計は、
ヒトを含むあらゆる植物や動物の行動を支配している。
海外旅行などで時差ぼけが起きるのは体内時計の影響だ。

ホール氏らは1984年、ショウジョウバエをモデルに、日常の体内リズムを制御する時計遺伝子「ピリオド」を特定。

ホール氏とロスバシュ氏はこの遺伝子によって作られるたんぱく質が夜間に細胞内で作られ、日中に分解されることを発見。
24時間の体内サイクルと同調していることを突き止めた。
ヤング氏は94年、ピリオドの機能を補完する時計遺伝子「タイムレス」を発見した。

70年代に体内時計が遺伝子でコントロールされていることが分かり、遺伝子の発見競争が始まった。
97年には金沢大の程肇(てい・はじめ)教授(ゲノム時間生物学)が哺乳類で同じ「ピリオド」を発見。
体温や血圧、糖代謝などの生理機能を制御するとともに、遺伝子解析によって、
生活習慣病などのさまざまな病気に関わることが分かっている。

体内時計に詳しい吉種光(よしたね・ひかり)東大助教(時間生物学)は
「私たちの健康や、幸福に関わる研究分野を開拓した功績は大きい」と話している。

臨床医療活用も

昆虫の体内時計の研究に取り組んでいる大阪大の志賀向子(さきこ)教授(時間生物学)は
「体内時計は、地球上の多くの生物が共通して持つ根本的な生命現象。
キイロショウジョウバエで最初に遺伝子が見つかった。
いろいろな生き物を研究することが、生命の謎に迫る上で重要だということが改めて示された」と指摘。
また、「人間でも、さまざまな臓器に1日のリズムを刻む細胞が存在することが明らかになっている。
体内時計に合わせて投薬のタイミングを計るなど、臨床医療にも役立つ可能性がある」と話した。






関連記事(一部広告含む)




関連記事

テーマ:キャリア教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1704-21e2885b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ