誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
8位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


夏休み(1)
【2017/07/23 20:27】 医学部予備校クエストから
夏休みというのはもちろん、まとまった時間がとれる期間です。
そのため、普段は立てられないような大きめの計画を立てることもあります。
現役生は特に、自分で学習内容を決められる勉強時間がたっぷりとれる期間です。


shutterstock_57206827.jpg 
http://bitterempire.com/five-reasons-summer-is-the-worst-time-to-study-for-the-bar/ から


しかしそれは一方で、大雑把な計画を立ててしまって実効があがらないことになってしまったり、
計画達成それ自体が目標になってしまって「成績を上げる」という本来の目標が
知らず知らずのうちにおろそかになったりします。

 
夏期の学習成果を上げるためには、途中段階での適切な軌道修正が必要なのですが、
その指針として、「模試の活用」と「夏期講習」があります。


模試に関しては、予備校や出版社の模試が夏休み期間中に行われます。
これに対しては、もちろん復習が大切になります。
しかし夏には受験生が張り切ってガチガチに予定を組んでしまうので、
模試の復習(これにいくら時間がかかるか事前に分かりにくいので予定も立てにくい)が
不十分になってしまうことがあります。


注意事項としては、まずはそもそも未習分野をなくしておくことです。
そうでないと、解けなくても当然ですから「模試の復習」になりません。
模試というのは、解けるつもりだったのに解けなかったという経験をバネに実力を上げていくものです。


次に、解けなかった原因をじっくりとチェックすることです。
ケアレスミスで解けなかったから次はミスしないようにしよう、
程度の簡単なチェックではもったいないです。
例えば数列の問題の過程で35×17を595ではなく565にしたとしましょう。


これを「計算ミス」で終わらせるのではなく、「絶対に間違えないぞ」みたいな精神論で終わらせるのでもなく、
まず「繰り上がり忘れ」であることを突き止め、
筆算表記法を工夫するなり2桁の掛け算方法をマスターするなりして確実な計算ができるようにして、
さらには「数列公式の導出に神経を使ってしまう」と計算に頭が回らなくなるので(人間の意識の資源は有限です)、
公式や解法のほうを確実に覚えるようにすることが大切です。

最後に、
模試と同じ種類の問題集、
例えば河合マーク模試を受けたのならば河合出版のマーク問題集にあたって、
ちゃんと弱点が克服できているかを確かめることも必要です。
 
ここまで進めるとそれなりに時間がとられます。
そうすると、予備校や自習の計画も、
この模試復習を考慮することが大切になります。



関連記事

関連記事(一部広告含む)



テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1686-3c0c83fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ