誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
11位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


「医学部1、4年生の留年」、定員増以降に増加
【2017/03/22 23:28】 医学部入学後
「医学部1、4年生の留年」、定員増以降に増加
全国医学部長病院長会議、「ストレート卒業」は減少

m3.com:2017年3月18日 (土)配信

school_ryunen.png 

http://www.igaku-s.com/blog/2015/02/post-29.html


全国医学部長病院長会議が実施した「医学生の学力に関するアンケート調査」の結果、
2008年度の医学部の入学定員増以降、従来多かった医学部2年生の留年に加え、
1年生と4年生の留年も増加している現状が明らかになった。

経年変化を追うことができる、53大学(国立30大学、公立2大学、私立21大学)について、
2007年度以前の平均留年者数を100とした場合の2015年度の留年者の割合(入学定員増を補正)を見ると、

1年生163.6%、
2年生127.9%、
3年生103.0%、
4年生135.6%、
5年生124.4%、
6年生103.6%

だった。

この結果と呼応するように、医学部を6年で卒業する「ストレート卒業」も漸減傾向にある。

昨年公表した全80大学に関する『医学教育カリキュラムの現状2015』によると、

2007年度入学者は87.2%で、その数年前も87%前後で推移していたが、
2008年度入学者は85.4%。
2009年度入学者は84.2%

だった。

同会議「医学生の学力に関する検討ワーキンググループ」座長の福島統氏は、
「医学部入学定員増以降、入試の偏差値はむしろ上がっているが、ストレート卒業率が下がっている」と説明。

留年増加の一因として、「大学入試の受験勉強の影響もあり、暗記は得意だが、
その知識をどう組み合わせて使うかというトレーニングができていない」ことを挙げ、大学入試の弊害を示唆。

面接を導入し、医師としての適性を見極めるなど入学者の選抜方法の見直し、
高校と大学が連携して教育に取り組む「高大接続」などの実践が求められるとした。


 臨床実習の増加、4年生の留年に影響か

医学部2年生の留年が以前から多かったのは、
生理学、解剖学、生化学などの基礎医学で覚えるべき情報量が非常に多いことが理由。
加えて1年生の留年の増加は、偏差値が高いという理由で医学部に入学したものの、
モチベーションに欠ける学生の存在が想定されるという。

さらに福島氏は、「気を付ける必要があるのは、4年生の留年生が多いこと」と指摘。

「推測」と断った上で、福島氏は、

(1)国際基準に対応した教育が求められる、医学部の「2023年問題」を見据え、
  臨床実習の時間数を増やすために、開始時期が早まり、
  結果として3年生後半から4年生前半の講義がタイトになっている、

(2)各大学で「しっかりした知識と技能を身に付けないと臨床実習に出さない」
  という方針が徹底されている――

の2点を挙げた。

臨床実習に入る前には、知識と技術のレベルを評価する共用試験(CBTとOSCE)を実施する。
共用試験は絶対評価であり、
「医学部入学定員増以降、留年率が高くなっても、4年生などに行う共用試験の成績は、高いレベルで維持されている」。

医学部入学後に学習に問題が生じても、その後にリカバーしたり、
4年生などで留年するために、結果として共用試験の成績が維持されていると見られる。

「医学生の学力に関するアンケート調査」では、教職員に対し、最近の学生の変化を選択式で聞いている。

1、2年生を担当する教職員では
「自ら学ぼうとしない・貪欲さがない」
「自分で調べる、考える、復習など個別学習ができない」
「精神面が弱い」など、

臨床実習前教育を担当する教職員では
「自発的な学習ができていない、自主性がない」など、

臨床実習を担当する教員では
「学習意欲が希薄、無気力」
「精神的な悩みを持っている、メンタルサポートが必要」
などの回答が、それぞれ多かった。


医学部1年と4年が要注意な学年ということですか。

確かに3年後半から4年にかけて臨床座学を詰め込むので大変なのでしょう。
これからは、さらにspeed upするようです。

ちなみに、息子が通う大学では4年時留年は2-3名程度と少なかったようです。

関連記事

関連記事(一部広告含む)



テーマ:キャリア教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント
 
受験勉強の弊害だとか、精神的に弱いだとか、医学部の偏差値が上がっているにも関わらず留年数が増えている現象を、それで説明出来るのだろうか。大学教育に対する反省の弁は、ひとつも無いようだ。
大学という組織にいかに自浄作用が無いかは、このコメントからも明らか。日本の組織は外圧でしか変わらない。
【2017/12/04 15:56】 URL | #- [編集]
確かにおっしゃる通りです。

もう少しきめ細かい分析が必要です。
医学教育学会におても、地域枠入試を肯定するために、
不利なデータを隠している発表も散見されます。
【2017/10/15 20:27】 URL | カズさん #- [編集]
 
結局全て学生のせいにしているだけで、この程度の分析しかできない者が教育の専門家では、医学教育の将来は暗い。
【2017/10/14 00:13】 URL | #- [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1643-8b43aec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ