誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
9位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


岩手医大1次合格発表(2017)
【2017/01/23 23:00】 H29年度 私大入試
岩手医大1次の発表が午後5時にあったようです。

88名募集に対し、1次合格者数 645名。

ここ5年間の状況

2012年 志願者数 2464名中、1次合格者 632名(志願者倍率 3.9倍)
2013年 志願者数 2197名中、1次合格者 650名(志願者倍率 3.38倍)
2014年 志願者数 2958名中、1次合格者 671名(志願者倍率 4.4倍)
2015年 志願者数 3344名中、1次合格者 661名(志願者倍率 5.06倍)
2016年 志願者数 3384名中、1次合格者 659名(志願者倍率 5.13倍)

2015年以降、志願者は3000人を超え、
志願者数に対する1次合格者倍率も徐々に増加傾向です。

**********************

2次情報(医学部・東大. com より)

小論文
時間 50分
【試験内容】
次の文章は書家で京都精華大学教授の石川九楊氏の講演録である。
よく読んで、「縦」と「横」のイメージに関するあなたの考えを自由に述べよ。
ただし、600 字以内で書くこと。
 (石川九楊講演録「縦に書け、縦に考えよ―縦と横の文科学―」『學士會会報』No.894 より)(2016 年)

以下の文章を読み、「わかる」ということについて、あなたの考えを述べなさい。 
(中村桂子『ゲノムに書いてないこと』より)(2015 年)


面接
時間 15分程度
形式:個人面接
所要時間:10分
面接官人数:2人
受験生人数:1人

【面接内容(質問内容・面接の進行など)】
◆医師志望理由。岩手医科大学志望理由。
◆将来何科に進みたいか。
◆併願校について。その中で特に岩手医科大学を志望する理由は。
◆地域医療について。
◆英語・英検について。
◆最初に意気込みを聞かれました。
 長すぎるくらいのほうがいいのだと思います。
 短いと「それだけでいいの?」と聞かれました。
◆ボランティア活動について。
◆地元と岩手との地域医療の違いは。
◆浪人について(浪人してどうだったか・寮での一人暮らしはどうだったかなど・多浪なので少し当たりがキツかった)。
◆岩手医科大学を受験するのは初めてか、初めてならばなぜ受験しようと思ったのか。
◆卒業後は岩手に残るつもりがあるか、東京へ戻るのか(本当に岩手に残るのかと何度か念押しされました)。
◆高校時代の部活について。部活動から学んだこと。
◆最近の医療ニュース(iPS 細胞とはどのようなものかなど)。
◆医師として求められるもの、重要なことは。

【雰囲気・後輩へのアドバイスなど】
◆岩手のことばかり聞かれました。
  岩手県に関するエピソードなどを用意しておくとよいと思います。
◆東京出身の場合、東京から岩手へ行く明確な理由が必要になります。
 岩手医科大学への志望理由は明確にしておくこと。
◆面接官は2 人とも感じがよく優しかったですが、笑顔で鋭い質問をしてきます。
◆調査書を見ながら質問をされるので調査書は余分にもらっておいて自分でチェックしたほうがよい。
◆会場に着くとアンケート記入があるので少し早めに行っておいたほうがいいです。
 アンケートの内容は怒りっぽいかどうかなど性格とかに関するもの。


石川九楊の著書


中村桂子関係







関連記事

関連記事(一部広告含む)



テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1539-223b6bc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ