誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
9位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


医学部受験のためのセンター試験分析2016・倫政
【2016/12/12 20:32】 医学部予備校クエストから
前回にひきつづき、医学部受験生にとってのセンター試験。今回は倫理・政経についてです。
2016年は易しい問題が多く、高得点が狙えました。教科書レベルの知識で解ける問題も多く、また、思考問題も大半は素直な推理で解けるものでした。しかし今後はどうなるかはわかりません。理系受験生としては、読みやすい参考書を1冊通読、その後は用語集・一問一答で知識を蓄えながら過去問演習、というオーソドックスな勉強を積み上げていくスタイルでいいでしょう。
 
第1問・問5。コミュニタリアニズムが出題されています。コミュニタリアニズムとは、人間は共同体(コミュニティ)の中でこそ望ましい生き方ができる、というものです。しかし内容について詳しくは知らない、あるいは聞いたことがない、という理系受験生も多いでしょう。本問題は、文章から類推して容易に解けます。
 
第5問。問3は、難民条約について詳細な知識を持っていないという理系受験生も多いでしょうが、難民は「政治的理由で国外に追われた者」であり、迫害のおそれのある場合には送還してはならない、という程度は覚えていてよいでしょう。余裕があれば、難民認定というのは相手国の迫害行為を認めることになるものなので友好国の難民認定は難しく、また、冷戦期に共産圏諸国から西側諸国への難民は積極的に認定された、という流れを知っておくとよいです。問4は、「不法就労者も労働基準法で保護される」と考える必要があります。これを知識で押さえておいてもよいですし(センター試験で過去に出題されています。なお、労働省が当時通達を出しています。)、常識から導いてもよいです。しかしこの常識というのがクセモノで、人によってこの常識が異なるので、「不法就労者を保護する必要なんてない、保護してほしければきちんと手続きして正規の労働者になればよい」と思う人もいるでしょう。実際、法律の試験では、自分の常識が立法者・裁判所の感覚とずれている人は、苦労します。不法就労者を取り締まるのは入国管理局であって雇用主ではないという点、不法就労者に対しては入国管理局に通報するというのが正しい手続きであるという点を考えてみましょう。
 
第6問・問4。NPO法人に関する問題。予備校によっては「一般常識で判断したい」と言っていますが、行政との協働や税の優遇措置というのは、どちらかといえば大人の常識でしょう。理系受験生には厳しいです。過去問や問題集で出てきたときに、1つずつ覚えていくしかないかもしれません。
 
 
対策について書いてみます。まずは基本知識・語句の確認です。あやふやな知識を積み上げても役に立たないので、用語集などを使って正確に覚えていきます。それでもわからない問題に出会ったときは類推や常識を使って切り抜けることになりますが、その類推力などを養うためには、政治経済に関する文章をある程度読んでおくとよいでしょう。
とはいっても、医学部受験生は医療に関するものを読むのが優先なので、国際情勢や社会問題などに手を出す余裕はないかもしれません。ただ、社会的な感覚や知識が極端に足りないと、小論文や面接で手痛い思いをすることになるので、注意が必要です。
関連記事

関連記事(一部広告含む)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1507-0c00f91b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ