誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
9位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


医学部受験のためのセンター試験分析2016・地理
【2016/11/28 07:29】 医学部予備校クエストから
前回にひきつづき、医学部受験生にとってのセンター試験。今回は地理についてです。
センター地理といえば、高得点を取るのが難しい科目です。正誤判定が微妙な問題も多く、過去問集の解説を読んでも、正解から逆算したようなコジツケ解説があったりします。「そりゃ正解を知ってたら『図から正解はアと判断できる』みたいなことは言えるよなあ」、と言いたくもなります。理系受験生の地理勉強方法は、どうしても単発知識と典型図表の暗記が中心になるので、そのやり方で解けない問題が、理系にとっての難問ということになります。
 
 
第1問 問1は震源分布を選択する問題。A(スマトラ島)の震源分布を選択する問題ですが、予備校によって「A地点は地震多発地帯であり、(1)が正解となる」や、「判定はやや難」などと評されています。確かにAは地震が多いのですが、D(カリフォルニア)も地震は多いですから、2択に絞った後は難しいです。このあたりがこの科目の嫌なところですね。あえていえば、カリフォルニアは活断層型なので、震源は浅いです。問5も、風向の変化が微妙なので難しいです。ただ降水量のほうは、サンパウロあたりの雨温図を手掛かりに答えられます。
 
第4問 問3は、EU加盟国各国の農業指標。これも図の差異が微妙です。単位面積あたり生産額が高いのは集約農法、特にオランダ(生産品目を絞っている)。単位人口あたり生産額が高いのは西欧。問4も難しいです。失業率が高いのがギリシャ、低いのがスイス、そこまではわかるのですが、オランダとハンガリーの差異となると区別しにくいです。ここでは、フランスの状況を覚えておくとよいでしょう。フランスで「外国人労働者」といえば北アフリカ(アルジェリアなど)出身者であり、フランス人との間の文化的・宗教的な摩擦が問題となっています。そして外国人はフランス人と比べて失業率が高く(フランス人より先に外国人が解雇される)、それが犯罪状況にも影響を及ぼしています。
 
第5問は逆に、知識で押していける問題です。問3はクロムとすずの産地についてですが、すずは名前がヨーロッパ言語でないところからわかるとおり、東アジアで古くから生産されます。問4は、イギリス連邦加盟国をすべて覚える必要はありませんが、インドや南ア(一度アパルトヘイト問題で離脱している)は知っておく必要があります。問5は誤択肢(つまり正文)に誤りが見られないので消去法で答えられるでしょうが、都市でのオフィス移転は郊外への移転が多いということは知っておくとよいでしょう。ダウンタウンの老朽化・治安悪化は、都市の共通の問題点です。
 
 
対策について書いておきます。まず、知識で押せる問題は落とさないことです。一問一答タイプで覚えられる量には限りがあります。文章の形や図表の形で、たくさんの資料を目に焼き付けておくことです。気候区分については白地図から正確な完成図を作れるようにしておく、歴史や文化については最低限(高校入試プラスα程度)知っておく、特に宗教や交通についての知識は豊富に仕入れておくことです。
そのうえで、どうしても判断がつかない問題がでてきたら、推理力で割り切ることです。私が使っている方法は、誤答をこじつけで正解のように説明しようとして、もっともらしい説明ができてしまったとしたら、その問題は難問であるとして後回しにする、という感じです。
関連記事

関連記事(一部広告含む)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1500-c3645d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ