誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
11位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


高知大医学部で行われた適正検査(KMSAT)についての考察
【2016/08/02 06:10】 新入試制度
高知大医学部では、
平成4年から23年度一般入試で
問題解決能力試験 (KMSAT:Kochi Medical School Admission Test)を実施してきた。

この試験は米国の医大入学者選抜試験 (MCAT)を参考に高知大教員が独自に作成導入したもの。

A問題は、長文の読解
B問題は、算数、理科の融合形式

以下のサイトに実際の問題が掲載されています。

http://www.p.u-tokyo.ac.jp/sokutei/pdf/2005_01/p89-102.pdf#search='kmsat+%E9%AB%98%E7%9F%A5' )


東海大医学部で行われている適正検査と似たような問題といえましょう。

H17年度後期日程において、
KMSATとセ試験の得点間には正の相関があったが、
セ試験の高得点者はKMSATの得点分散度が高かった。。

H23年度においては、
KMSATの高得点者が多く合格し、21才以上で特に良い成績であり、
合格者の半数以上が21才以上であった。

つまり、この試験は人生経験値が高いほど、よい成績が得られるとの結論だったとのこと。

大学側とすれば、若い学生を多く入学させたいのであろう。
こういった背景でこの試験は廃止されたようである。

東海大でも、以前は一般入試で似たような適性試験を行っていたが、
今は編入試験でしか行われていない。
おそらく、東海大でも似たような結果だったのかもしれない。
このため、編入試験でのみ適性検査が残っているのかもしれない。

この内容は、先に行われた医学教育学会に於いて、
セ試験に代わる新テスト構想に関するシンポジウムで紹介されたものである。

新テストの目指す方向としては、単なる詰め込み知識や受験技術で解ける問題から、
その場で考えさせる問題への転換を図っているようであり、
このため高知大医学部で試みられた試験も参考になるかも?
ということで、紹介されたようです。


新テストにおけるMCQ (multiple choise question)は、
諸外国で行われている大学入学適正検査を参考に暗中模索しているようである。

大学入試センターの試験研究統括官もシンポジストに呼ばれていた。

彼によれば、新テストで予定されている記述式については、
その採点基準の公平化など問題点が山積みで混沌としているようである。
まだまだ解決されるべき問題が多いとのこと。

また、会場からは国民に納得させる試験内容にすべきで、
早急な新テストの試験遂行は厳に戒めるべきだと厳しい意見もありました。

今後の動向はどうなるのか???

fd5ed51ff57f0a1ccee5aa52bb9c5ea9.jpg 
https://jp.pinterest.com/mcatprep/mcat-practice-questions/


関連記事

関連記事(一部広告含む)



テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1468-5858e9a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ