誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
7位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


● 春の勉強(2)再挑戦
【2016/04/29 15:00】 医学部予備校クエストから
今春の受験で残念ながら医学部合格に届かなかった、あるいは目標とする大学に合格できなかった受験生のなかには、あと1年かけて再チャレンジしようと決意する人もいます。それ自体は、もちろん尊い決断なのですが、ここでも注意点があります。
 
まずは、春ごろのペース配分が意外と難しい、という点です。スタートダッシュをどの程度かけるか、ということです。
再チャレンジ組は、春ごろの時期では予備校の上位クラスにいるでしょう。授業の予習復習を特にしなくてもついていけますし、校内の確認テストでもトップクラスにいるはずです。しかしその差は、やがて徐々に埋められてしまいます。「実力はあるが勉強不足だ」という人が、やがて勉強量を積み重ねて、予備校でも伸びてきます。そのときに、過去の貯金を食いつないできたような再チャレンジ組との差は、どんどん詰められてくるのです。浪人生と現役生の差、あるいは1浪生と多浪生との差というのは、夏ごろにはほぼ埋まることが多いです。
というわけで、この時期のスタートダッシュが必要なのですが、しかし一方で、受験は長期戦であるという側面もあります。再チャレンジ組は、つい2~3月前までは「テクニック的な解答技術」をマスターする練習をしていたわけで、その感覚で4月からも進めてしまうと、基礎的土台が弱いままテクニックが積みあがることになり(多浪生の典型的症状です)、「時々大当たりするが平均点数が低い」ということになります。
 
そのためには、この時期は気持ちを切り替えて、土台の再構築のような勉強スタイルをとる必要があります。しかし、この切り替えがうまくいかないのです。この時期の予備校のテキストは易しいので、再チャレンジ組は甘く見てしまうのです。あるいは、選んだ参考書・問題集・テキストが、「再チャレンジ組の土台再構築」に向いていない、ということもあります。
 
まずは、「自分はなぜ落ちたのか」を把握することです。そして「合格するために、今、何をどれだけやるべきか」の見取図を描くことです。それは一人ではなかなかできません。また、医学部受験に疎い指導者はもちろん、「自分自身はマグレで合格してしまった」指導者、「天才肌で、意識的に努力することなく合格してしまった」指導者も、この手のカウンセリングには向かないことが多いです。その点で、各種の医学部予備校で、形式的な「受験カウンセリングの機会を多く設けています」という触れ込みには、注意が必要なのです。
関連記事

関連記事(一部広告含む)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1430-d09624bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ