FC2ブログ
誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

FBページ ×
本ブログのFBページです。 このページも訪問して、よければ いいね を押してくださいね。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
11位
アクセスランキングを見る>>

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

本ブログの人気記事 ×

カレンダー ×
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新コメント ×

楽天お勧め ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

8月の模試(2015)
【2015/07/28 17:31】 模試
報告遅くなりました。

8月は以下のとおりです。


実施日予備校名模試の種類
8/2(日)河合塾全統マーク模試(2)
8/2(日)代ゼミ京大入試プレ(1)
8/8(土)・9(日)駿台東大実戦模試(1)
8/16(日)代ゼミ九大入試プレ(1)
8/23(日)東進センター試験本番レベル模試
8/30(日)駿台京大実戦模試(1)
8/30(日)河合塾全統記述模試(2)


河合塾のみでいいでしょう。

暑い日が続きますが、頑張りましょう。

関連記事(一部広告含む)



テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント
お答え下さり有難うございました。
御指摘の一部に作業自体が目的となり学習内容が定着しにくくなるという内容がありましたが、思い当たる節がありました。
突然の質問にも拘らずお答え頂き、改めて有難うございました。
【2015/08/01 19:28】 URL | 学 #- [編集]
コメント拝見しました。
どの内容・単元なのか(浅く広く勉強する単元か、深く思考する単元か)、またどのような教材を用いるのかによって状況が変わるので、一概には申し上げられませんが、丁寧に復習できていらっしゃると思います。作業的なものに時間をかけ集中しすぎると、作業自体が目的になってしまって学習内容が定着できないことがあります。また、一回目の学習で積み残しを発生させてしまうと復習の効率が悪くなったりすることもあります。

いい学習方法というものは、学習者の現状によって変わることも多いです。気になる点があれば、お使いの教材を持参して、クエストなど受験機関の面談を受けてみるのもよいでしょう。

学さんの学習が進むとよいですね。応援します。
(クエスト 長原)
以上が、現在行っている勉強方法になります。
自らの経験と他者の意見も参考にして作り上げた方法になりますが、カズさん(や共同管理人の方)から見て改善すべき箇所がありましたら御指摘頂けると有り難いです。
お時間のある時で構いませんので、宜しく御願い致します。
【2015/07/28 19:54】 URL | 学 #- [編集]
【最近やり始めた勉強方法】

①短時間で行える解法を軽く思い出す復習を、〈当日〉〈翌日〉〈一週間後〉以外の機会に何度も行う。

[復習の仕方]
問を見て、大まかな解法の流れをパッパッと思い浮かべて行く。
⑴思い浮かばない問は、要約的なメモを軽く確認。
⑵思い浮かぶ問は、メモの確認作業はせずに進めて行く。

[主な目的]
時間のあまりかからない復習だと数多くこなせるので、定着率を上げられると考えました。


②〈約一週間後〉における復習の仕方を、すぐに解法を見る〈二周目以降の当日〉の方法ではなく、一度解法を思い浮かべた後確認するような〈翌日〉の方法に変更。
[理由]
①を行うようになり、短時間に大量の内容を確認する感覚が掴めてきたからです
【2015/07/28 19:47】 URL | 学 #- [編集]
【現在行っている勉強方法にある主な悩み】
①〈翌日〉の見直し作業で、時間がかかる事が多い。
(〈当日〉と比較した場合、〈翌日〉においてどれ程力を抜いて復習すれば良いのかが、今一掴めていません。)

②解法の要約的なメモの作成に時間がかかる。
(時に何度も修正する事があり、時間がかかっています。)
【2015/07/28 19:45】 URL | 学 #- [編集]
【復習時におけるやり方の違い】

〈二周目以降の当日の場合〉
問を見た後、すぐに作成した解法の要約的なメモを見て覚え直す。時に、問題集の解答・解説も見る。
(以前は、この段階で解き直したり解法を思い浮かべたりしていましたが、かなり時間がかかる事がありました。そのため、再度覚え直すという意識で取り組むやり方に変えました。)

〈翌日の場合〉
問を見て、解法を思い浮かべたり、時に解き直したりする。
⑴しっかりと思い浮かぶ場合⇒軽く解法の要約的なメモを見直す。時には、解答・解説も見る。
⑵しっかりと思い浮かばない場合⇒しっかりと要約的なメモを見直す。時には、解答・解説も見る。

〈約一週間後の場合〉
〈二周目以降の当日の場合〉とほぼ同様のやり方。
【2015/07/28 19:44】 URL | 学 #- [編集]
≪理数系の問題集のやり方≫

【大まかな復習方針】
当日⇒翌日⇒約一週間後、という間隔で復習を行い、このセットを何回か繰り返す。
(各セットの間の期間は、一ヶ月以上は空けないようにしています。以下、このセットの繰り返しを一周目、二周目と記します。細かい事ですが、一周目の当日は復習を行う日ではなく、初めて問題を解く日となります。)

【各周で共通するやり方】

①(それなりに)解法が理解できた問⇒ルーズリーフに、解法の論理展開を分かりやすく要約した様なメモを作成する。その後は、このメモの定着を重視する。

②解法が今一理解できない問⇒時々見直す作業を繰り返し、理解ができたら①へ。

③理解不足や未定着の問への工夫⇒理解不足・未定着を表す記号を各周で一度程付けておき、他の問と区別できるようにする。また、探しやすいように付箋を貼り、時々見直す作業を行う。(この付箋は、解法の定着後剥がします。)

④参考資料を用いた場合⇒その資料をメモしておく。(例、○○の~ページ)再度その問を見た際、このメモを活用し参考資料を再読する事あり。
【2015/07/28 19:42】 URL | 学 #- [編集]
初めまして。
FC2ブログで受験関連の記事を検索をした際、このブログを見つけ少し拝読させて頂きました。
勉学に関して書かれているブログという事から、突然で失礼にあたるかもしれませんが、自分の勉強方法に関して御意見を頂きたいと考えコメントさせて頂きます。
個人的に訳有って勉学に取り組んでいるのですが、なかなか上手く行かない現状があり自らの勉強方法を見直す必要性を感じております。
少し長い文章になりますが、自分の勉強方法をコメントとして投稿させて頂きますので、もし改善すべき所がありましたら御指摘下さりますよう宜しく御願い致します。
【2015/07/28 19:41】 URL | 学 #- [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yokopon007.jp/tb.php/1215-968a9802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

アーカイブス ×
折り畳み式になっていますので、各年をクリックして下さい。

リンク ×

医系英語参考書・英単語帳 ×
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ブログパーツ