誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
7位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


新専門医機構初の各診療科での選択状況
【2018/04/19 21:48】 医師卒後
医学部入学前の受験生にとっては、
まだまだ先の話であるが、
話題提供も兼ねてお知らせしておきましょう。

専門医制度は、今までは各学会において認定されてましたが、
今年から日本専門医機構なる国内共通のシステムで
管理されることになりました。

以下の内容は、
日経メディカルというサイトに掲載された記事:
”新専門医制度、期待と不安の中で8400人が船出”
からの抜粋改編です。


地域医療への影響を危惧する声に押し切られて
開始が1年延期となった新専門医制度。

批判や反対意見がやむことはなかったが、
ようやく2018年4月、専門研修プログラムのスタートにこぎ着けた。

19の基本領域の研修プログラムで研修を始めるのは、初期臨床研修を終えた約8400人の医師。
3~4年を経て最短で2021年に、新制度の下で研修を積んだ専門医を日本専門医機構が認定することになる。

専攻医の研修と並行して、既存の学会認定の専門医からの移行も、2018年から本格的に進むとみられる。
基本領域の学会専門医資格は、更新のタイミングでそれぞれの医師が
新制度に基づく専門医資格に切り替えることになる。

各診療科における専門医選択の状況は?


READ MOREへ




[READ MORE...]

テーマ:キャリア教育 - ジャンル:学校・教育

日米の医師、人生で何を重視?
【2018/01/08 11:35】 医師卒後
日米ともに「人生で重視するのは家族・親族」

「社会貢献」と「自分の自由な時間」で日米差 

bnr_sub03.png 
 http://www.cf-shinjuku-est.jp/life/life04.html


2018年1月7日 (日) 配信(m3.com)

日米を問わず多忙な医師像、かつ資格職の故に
「リタイアせず、続けられる限りずっと仕事」という医師もおり、
日々の生活、人生の中で、仕事が占めるウエイトが高い ことが、
今回の「日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!」で明らかになった。

改めて「人生において重視する項目」について選択肢を挙げて聞いたところ、

日米ともに最も多かったのは、 「家族・親族」 だった(Q1)。

ただその割合には日米差があり、
米国医師では55.9%と半数を超えた一方、
日本の医師では34.3%で3人の1人の割合にとどまった。

米国で次に多かったのは、 「スキルの向上」 (17.3%)。
日本の医師では 「社会貢献」 (23.8%)、 「自分の自由な時間」 (17.5%)と続いた。


 「その他」には、
日米ともに「患者さんへの貢献」、
「専門職として診療能力の維持に気を使っている」、
「仕事が生きがい」、
「仕事上の達成感」など仕事関係の意見が上がった。
「一言では言えない」との回答も見られた。

年代別に見ると

日本の医師では、
結婚する医師が増える30代で「家族・親族」が増加し、
40代でも同程度の割合だったが、
50代以降は減少(Q2)。

代わって増えるのが、「社会貢献」や「自分の自由な時間」した。


米国医師でも同様に、
「家族・親族」の年代別の増減が見られ、
高齢になるほど「自分の自由な時間」と「社会貢献」が増加(Q3)。


小生の場合、
30代はスキル向上
40代は臨床と研究の両立
50代はある意味悟りと価値観の変化
といったところでしょうか?






テーマ:キャリア教育 - ジャンル:学校・教育

各科の専門医数?
【2017/12/17 06:00】 医師卒後
医学部卒業後に、いずれは取得する専門医資格です。
入学後の問題なので、もちろん関係ないですが。

小生は、整形専門医、リハ専門医、リウマチ専門医と3つの資格がありますが、
維持するだけでも、講習会などにも出なければならず、それなりに大変です。


70.6%が専門医 取得、総合内科専門医が急増
:2016年医師・歯科医師・薬剤師調査、女性医師21.1%に増加

2017年12月15日 (金)配信(m3.com編集部) から抜粋


医療法上は計56の専門医を広告可能としており、
取得していない医師は2014年の12万7932人(43.1%)から
2016年は11万9964人(39.4%)に減少していた。


専門医取得状況の内訳を見ると、

最も多いのは総合内科専門医で2万2522人。

次いで専門医数が多いのは、
外科専門医で2万1168人(2014年比773人増)、
消化器病専門医1万7814人(同1443人増)、
整形外科専門医1万6 463人(同1094人増)、
小児科専門医1万3551人(同1057人増)

だった。

男女別では、
男性では外科専門医が医師総数の8.1%、
女性では小児科専門医の7.1%が、それぞれ最多だった。


「従事する主たる診療科」では、

最も多いのは
内科20.0%
次いで整形外科7.0%、小児科5.6%だった。

男女別の内訳では、
男性は内科(21.2%)、整形外科(8.4%)、外科(5.6%)、
女性は臨床研修医(8.4%)が最多で、内科(15.5%)、小児科(9.0%)、眼科(7.8%)となっている。

主たる診療科別に平均年齢を見ると、
肛門外科が58.5 歳と最も高く、
臨床研修医を除くと、救急科が41.4歳で最も低くかった。

171214na_special01.png 





[READ MORE...]

テーマ:キャリア教育 - ジャンル:学校・教育

出身大学が研修医の臨床能力に関連 ?
【2017/12/06 21:42】 医師卒後
出身大学が研修医の臨床能力に関連 :米国の報告

米ミシガン大学のレジデント1年目の1795人を対象に、
客観的臨床能力試験OSCEに基づいた4つのコアスキル
(データ収集、臨床評価、チームワーク、コミュニケーション)の評価から、
出身大学と臨床能力の関連を調査。

変量要因を「medical school」とした混合一般化線形モデルにより、
データ収集スコア分散1.67%、臨床評価スコア分散4.93%、チームワークスコア分散0.80%、
コミュニケーションスコア分散2.37%、全体スコア分散4.19%となり、
レジデントの出身大学は臨床能力に関連する結果が示された。



Gollehon NS et al. Assessing Residents' Competency at Baseline: How Much Does the Medical School Matter? J Grad Med Educ. 2017 Oct;9(5):616-621. doi: 10.4300/JGME-D-17-00024.1.

m3comの記事から

原文をすべて読んでいないので、
いわゆるHarvard Medical Schoolや
Johns Hopkins Medical School
といった有名大学出身者の臨床スキルが高いのかは分かりません。

本邦では、周囲の医師を見る限り
東大や京大医学部出身者の
臨床スキルが高いとは限らないような気がしますが、
いかがでしょうか?

下図のようなシュミレーション教育が充実した大学が卒後のスキルも高いのでしょうか?

他にも、患者の状態を細やかに診てからの臨床推論能力も試されるので、
難しいでしょうね。

Sim-Center-Hero-774-x-400.jpg 
https://www.cedars-sinai.edu/Education/Simulation-Training/







稀な病気 CDS 見ーつけた !
【2017/11/16 19:41】 医師卒後
今日の外来での出来事

頸部痛、頭痛を主訴に来院した70歳代の女性。

昨日の夜から誘因なく頸部痛が出現した。
今日の朝、某整形外科受診し、単純X線にて頸椎の老化を指摘され、
頸椎カラーを処方された。
痛みが尋常でなく、家族も重大な病気を心配し、他の脳外科clinic受診した。
頭部CT撮影しようとするも、痛みが強く仰臥位もとれないため撮影を断念したとのこと。
上記clinicの脳外科の先生から、頭関係の病気よりもむしろ整形関係の病気であろう。
大きな病院でもう一度整形受診を勧められたとのことである。
以上のような経過で当院整形外科を受診。

特に既往歴なし。
飲酒、喫煙歴なし。

意識は清明。
体温は正常。血圧、脈拍など問題なし。
理学的所見:
頸部、鎖骨部のリンパ節腫脹なし。
痛みのため頸椎を回旋することが不能。
頸部のかなり近位に圧痛+


ということで、ある疾患を念頭におき、
単純XPと単純頸部CTをorderした。

単純XPでは頸椎症が認められた。
単純頸部CTにて第2頸椎(軸椎 dens)周囲に王冠をかぶせたように石灰沈着を認めた。

本症例ではないが、下図のような感じのCT

20171009113638.png
http://tsunepi.hatenablog.com/entry/2017/10/04/000000

予想はピッタリカンカン。

軸椎周囲に王冠をかぶせたようにCPPDが沈着する

所謂 ”crowned dens syndrome (CDS)”

思った通りの結果で、内心 心地よい気持ちであった。


上記疾患について、簡単な説明を!

つねぴーblog


crowned dens syndromeの見方  からの引用


crowned dens syndrome(CDS)とは軸椎歯突起周囲に
ピロリン酸カルシウムやヒドロキシアパタイトが沈着することにより
急性の頚部痛を呈する疾患である。
環軸関節に起こる偽痛風とも言える。
偽痛風の好発部位は肩、肘、手、膝、足関節などであるが、この疾患では環軸椎に症状が起こる。

ちなみに歯突起に王冠状に石灰化が認められるためcrowned(王冠)+dens(突起)という。

高齢者の頚部痛+発熱疾患では鑑別にはCDSを必ず挙げる必要がある。

鑑別としては髄膜炎やくも膜下出血、骨髄炎、化膿性脊椎炎、リウマチ性多発筋痛症など。
CDS発症は60〜70歳と高齢者に多く、男女比は0.6:1と女性に多い。


発症は急性であり症状は数日〜数週間持続するとされている。
症状としては頸部の前後左右方向への可動域制限と回旋を含めて全方向の頚部痛の増悪が特徴。

発熱に加え採血で白血球上昇、CRP上昇など炎症反応を伴うので
訴えのはっきりしない高齢者だと不明熱として扱われることも。


小生の姉妹ブログ:

医療関係資格試験マニア

でも記事があるので、参考に。

高齢女性に生じた突然の頚部痛



この疾患については、
最近の医師国家試験の復習を兼ねて、総合診療のテキストやネット検索などで知っていたので、
患者を診察した時点で、ピンときた。

おそらく、単なる寝違いとか、老化現象でしょうと片付けた患者の中に、
実はこの疾患も隠れていることは多いのでしょう。

何を言いたいかというと、
丁寧に診察することは基本ではあるが、
常に、いろいろ情報を入れていくことは重要であるということ。

医師になって、しばらくやっているとマンネリになり、
新しい情報に疎くなり、診療も画一化してしまうということ。
患者さんから常に何かを教わろうという謙虚な気持ちを忘れてはならないと思う今日この頃である。








テーマ:キャリア教育 - ジャンル:学校・教育

「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング:市中病院
【2017/09/24 09:37】 医師卒後
市中病院は1位聖路加、2位武蔵野赤十字、3位亀田

日経メディカル(2017/9/22 配信)から 引用改編

市中病院の首位は、昨年度に引き続き
聖路加国際病院(東京都港区)。

2位は、昨年度7位の武蔵野赤十字病院(東京都武蔵野市)だった。

3位亀田総合病院(千葉県鴨川市)、
4位に虎の門病院(東京都港区)と関東労災病院(神奈川県川崎市)が続く。

充足率順に見ると、10人の募集定員枠に52人の1位希望者が集まった武蔵野赤十字病院が520.0%でダントツの状態。

2位は12人の定員枠に45人が応募し充足率375.0%となった関東労災病院、
次いで308.3%のNTT東日本関東病院(東京都品川区)、
4位に285.7%の千船病院(大阪市西淀川区)となった。

東京都や神奈川県、大阪府など大都市圏の病院の人気は今年度も高いようだ。


thumb_552928_22.png

表2 初期臨床研修における市中病院の人気病院ランキング(医師臨床研修マッチングの中間公表による)
1位希望人数が20人以上の病院のみ集計。1位希望人数の多い順にランキングした。






[READ MORE...]

テーマ:キャリア教育 - ジャンル:学校・教育

卒業生のネットワークが強み:産業医大
【2017/08/29 21:39】 医師卒後
卒業生のネットワークが強み
-上田陽一・産業医科大学副学長に聞く

産業医学振興のリーダーになることを期待

2017年8月29日 (火)配信(m3.com編集部) 

sangyouidai.jpg
http://k-ijishinpo.jp/article/2013/201309/001005.html

――卒業生はどのような進路なのでしょうか。

卒業生は卒後すぐに産業医学卒後修練課程に所属しますが、
初期臨床研修で大学病院に残るのは1学年10人程度。

後期研修は必ず産業医大で行うので、初期研修の間は外に出たいという希望も多いです。

後期研修は
産業医を専門とする「専門産業医コースⅠ」(3年間)

臨床医学分野の専門医取得を目指す「専門産業医コースⅡ」(4年間)があります。

後期研修で戻ってくると、どちらのコースであっても、
産業医学実務研修センターで産業医としてのスキルアップをするための3カ月間の研修を受けます。

産業医学を専門とするコースIでは、日本産業衛生学会の「産業衛生専門医」を取得することができ、
産業医の中でキャリアアップしていくコースです。

コースⅠとⅡの割合ですが4:6が望ましいと考えていますが、現在、実際は3:7ぐらいとなっています。
コースI希望者のより増加を期待しています。

大学と関連病院を行ったり来たりしながら、スキルを磨いていくのは他大学と同じです。
コース終了後4-5年間のうち、2年以上は「産業医」として企業などに勤務しなくてはいけません。

――産業医はどのようにスキル・キャリアアップしていくのでしょうか。

産業医のスキルアップの道筋は一様ではないです。
産業医としての就職先としては、大企業が多いので、勤続年数に従って、統括産業医になる人もいます。
近年は産業医として開業する先生も増えています。
産業医の形態としては、独立するときには資格として労働衛生コンサルタントが必要になります。
筆記試験がとても難しい試験ですが、卒業生は免除になります。

産業医大卒業生の強みは卒業生のネットワークが密ということです。
産業医はなかなか職場を超えた情報交換がしづらかったりしますが、
「産業医学推進研究会」という同窓組織があり、アドバイスを受けることができます。

――産業医大の今後の役割を教えてください。

メンタルヘルスチェックが導入されるときはたくさんの講習会が開かれましたが、
卒業生が多く講師として参加しています。

産業医学を広めていく際のリーダーになることが期待されています。  

現在、「働き方改革」に注目が集まっていますが、
私たち産業保健の分野にとっては追い風であり、
産業医の責務は非常に強化されました。

産業医の専門性は非常に高いことをご理解いただいているからです。
単に患者を診るだけでなく、背景にあるそれぞれの会社の仕組みや法律に熟知していることが大事です。

産業医が対象とする分野も時代、医療の進歩とともに変化してきます。難しいですがやりがいのある仕事です。
産業医科大学で蓄積したノウハウは独自のものです。
それをたくさんの先生たちに伝えないといけない使命があります。

大学には看護師や保健師、作業環境測定士、衛生管理者を養成する産業保健学部もあります。
騒音や有害物質の測定などのスキルを持っています。
産業保健はチーム医療という面も強く、産業医の先生と一緒に働く人材の育成も重要です。


と、産業医大の先生は、いろいろごちゃごちゃ言っていますが、
日本の企業自体が今後、医者を雇う体力がどの程度あるかでしょう。

厳しい言い方をすれば、この大学自体の役目はすでに終わってきているような気はします。
地域に貢献する医師や、総合的に診ることができる医師を育てることの方が、
今の時代、必要なことなんでしょう。







テーマ:キャリア教育 - ジャンル:学校・教育




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ