FC2ブログ
誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

FBページ ×
本ブログのFBページです。 このページも訪問して、よければ いいね を押してくださいね。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

本ブログの人気記事 ×

カレンダー ×
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新コメント ×

楽天お勧め ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

国語記述式、東北大合否に使わず 
【2018/12/19 17:32】 新入試制度
国語記述式、東北大合否に使わず
:共通テスト、「不公平の恐れ」


東京新聞 2018 12/5 配信

img_01.jpg 
https://www.insc.tohoku.ac.jp/ から


少し、古い記事からです。

 
東北大は5日、
2020年度に始まる
「大学入学共通テスト」で
導入される国語の記述式問題を原則として
合否判定に使わない方針を公表した。

国立大学協会のガイドラインは、
記述式の採点結果を段階別評価で点数化し、
マーク式の点数に加えることを要求している。
不採用の方針を示した国立大は初とみられる。

東北大は
「受験生にとって不公平になる恐れがある」
としている。

英語の民間検定試験については、
受験生からの成績提出を
出願要件から外すことも表明した。

公表した基本方針で、
東北大は
「国語の段階別評価を点数化すること
自体がその理念に整合しない」と批判した。




以前にお伝えした記事:
慶大は共通テスト利用せず 
では、
慶応大は全面的に新テストは使わないということでした。

東北大は国語の新テストは使わない。

他の旧帝国大や主要国立大はどうなるのでしょうか?
受験生を悩ますようなシステムはやめてほしいですね。

[READ MORE...]

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

慶大は共通テスト利用せず 
【2018/11/20 19:27】 新入試制度
慶大は共通テスト利用せず:
全学部、英語民間試験も


2018年11月20日 (火)配信 共同通信社

hero_e3829359-0480-4990-b476-89fcc61e8a79.jpg

https://www.futurelearn.com/partners/keio-university から


慶応大は19日、
大学入試センター試験の後継として
2020年度から始まる大学入学共通テスト
について全学部で利用しないと発表した。
また、一般入試では従来と同様、
英語の民間検定試験の成績を使わず、
将来の利用については検討を続けるとしている。







続き:READ MOREへ
 
[READ MORE...]

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

東京医大裏口入学事件:前局長息子の旅費負担か
【2018/07/24 23:06】 新入試制度
前局長息子の旅費負担か 
文科省汚職、仲介役会社 東京地検、24日起訴

共同通信社 2018年7月24日 (火)配信
から抜粋

私大支援事業を巡り受託収賄容疑で
文部科学省の前局長佐野太容疑者(59)が逮捕された事件で、

東京医科大側との仲介役となった
元会社役員谷口浩司容疑者(47)
{受託収賄ほう助容疑で逮捕}の関連会社が、
佐野容疑者の息子の海外旅行費用を
一部負担していた疑い
のあることが23日、
関係者への取材で分かった。
東京地検特捜部は、
息子が医科大に不正合格したと
みて実態解明を進めている。

特捜部は勾留満期の24日、
受託収賄罪で佐野容疑者を起訴する。
不正合格に関与したとして、
贈賄罪で東京医科大の臼井正彦前理事長(77)
と鈴木衛(すずき・まもる)前学長(69)を在宅起訴する。

関係者によると、
佐野容疑者の息子は今年の入試前にフィリピンのセブ島に旅行。
谷口容疑者側が費用の一部を負担した疑いがある。

以下、省略



佐野容疑者の息子がセンター試験が施行された頃に、
海外旅行もしていた件はネット上で氾濫していましたが、
いよいよ正式なニュースとして報道されたようです。

だとすると、この不正入学については、
息子も入学前から知っていたということになりますね。

困ったものです。

ついでに、この息子は私の卒業した高校の後輩のようです。
これも、また残念なことです。



0f78e768d3adadf184cf5021c02002981b624fd3_56e66b031216c_p.jpg 
セブ島の白い砂浜
こんないい所にセ試験も受けずに呑気なもんです。
写真:https://www.travelbook.co.jp/topic/266 から


[READ MORE...]

テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

都立高校推薦入試の独自小論問題
【2017/03/11 06:00】 新入試制度
2020年に向けて、大学入試が大きく変わろうとしています。

総合的な思考力を推し量りたいというのが文部科学省は考えているようです。

さて、
2007年度から独自入試を導入してきた日比谷、西高校など学力重点都立高校において、
東大や国公立医学部に多くの合格者が出て学校群制度により低迷してきた汚名が解消されています。

英数についての独自問題は知っていましたが、
推薦の小論文も高校入試にしてはかなりのレベルのものが出題されているようです。

大学入試の小論や総合問題も独特な問題が出ていますが、
高校入試でも同様な傾向があるのですね。

参考に戸山高校の小論問題を載せておきます。

その他の高校については、以下のサイト参照。
http://highschoolnyushi.seesaa.net/


戸山推薦1

戸山推薦2


ここ数年の大学入試問題で、
知識だけでは解けない、
分析力・判断力・推測力・表現力を総合的に試される問題を
集めた問題集があるようです。





[READ MORE...]

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

高知大医学部で行われた適正検査(KMSAT)についての考察
【2016/08/02 06:10】 新入試制度
高知大医学部では、
平成4年から23年度一般入試で
問題解決能力試験 (KMSAT:Kochi Medical School Admission Test)を実施してきた。

この試験は米国の医大入学者選抜試験 (MCAT)を参考に高知大教員が独自に作成導入したもの。

A問題は、長文の読解
B問題は、算数、理科の融合形式

以下のサイトに実際の問題が掲載されています。

http://www.p.u-tokyo.ac.jp/sokutei/pdf/2005_01/p89-102.pdf#search='kmsat+%E9%AB%98%E7%9F%A5' )


東海大医学部で行われている適正検査と似たような問題といえましょう。

H17年度後期日程において、
KMSATとセ試験の得点間には正の相関があったが、
セ試験の高得点者はKMSATの得点分散度が高かった。。

H23年度においては、
KMSATの高得点者が多く合格し、21才以上で特に良い成績であり、
合格者の半数以上が21才以上であった。

つまり、この試験は人生経験値が高いほど、よい成績が得られるとの結論だったとのこと。

大学側とすれば、若い学生を多く入学させたいのであろう。
こういった背景でこの試験は廃止されたようである。

東海大でも、以前は一般入試で似たような適性試験を行っていたが、
今は編入試験でしか行われていない。
おそらく、東海大でも似たような結果だったのかもしれない。
このため、編入試験でのみ適性検査が残っているのかもしれない。

この内容は、先に行われた医学教育学会に於いて、
セ試験に代わる新テスト構想に関するシンポジウムで紹介されたものである。

新テストの目指す方向としては、単なる詰め込み知識や受験技術で解ける問題から、
その場で考えさせる問題への転換を図っているようであり、
このため高知大医学部で試みられた試験も参考になるかも?
ということで、紹介されたようです。


新テストにおけるMCQ (multiple choise question)は、
諸外国で行われている大学入学適正検査を参考に暗中模索しているようである。

大学入試センターの試験研究統括官もシンポジストに呼ばれていた。

彼によれば、新テストで予定されている記述式については、
その採点基準の公平化など問題点が山積みで混沌としているようである。
まだまだ解決されるべき問題が多いとのこと。

また、会場からは国民に納得させる試験内容にすべきで、
早急な新テストの試験遂行は厳に戒めるべきだと厳しい意見もありました。

今後の動向はどうなるのか???

fd5ed51ff57f0a1ccee5aa52bb9c5ea9.jpg 
https://jp.pinterest.com/mcatprep/mcat-practice-questions/




テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

センター試験の後継、記述式の日程前倒し検討 マーク式と分離
【2015/12/15 22:38】 新入試制度
センター試験の後継、記述式の日程前倒し検討 マーク式と分離

2015年12月15日 (火)配信 朝日新聞



大学入試センター試験の後継となる新テストについて、
文部科学省は新たに導入する記述式問題を独立させ、
従来のマークシート式とは別の日程で実施する方向で検討を始めた。
採点に時間がかかるため、現在の1月よりも日程を前倒しする案を軸としている。

 ■採点時間確保めざす

入試改革は文科省の有識者会議で議論中で、これまでの「丸暗記」「一発勝負」を改めるのが主な狙い。

考える力を測るために記述式を導入し、複数回実施をめざしている。
現在の中学1年生が受ける2020年度から「大学入学希望者学力評価テスト」(仮称)を始める

記述式については、文科省の有識者会議が9月に「中間まとめ」を公表。
20年度から短い文字数、24年度からより文字数の多い記述式を出題する。
穴埋めや文章の要約、作図、選択肢を選んだ理由を書く問題などが候補にあがっている。

ただ、センター試験は例年約50万人が受ける。

記述式は採点に膨大な時間がかかるため、
試験後の国立2次試験や私大入試への影響が指摘されている。

文科省は記述式問題を前倒しして実施することで、採点時間を確保する考えだ。
関係者によると、時期は12月以前を中心に検討される見込みで、今後、教科や出題範囲とともに詰める。

マークシート式は、センター試験と同じ1月が軸になるとみられる。

試験を12月以前に実施することについては、
高校側から「高校3年生の学習内容が間に合わない」と反対が強い。
記述式だけの一部前倒しでも、理解を得られるかはわからず、
見直しをせまられる可能性もある。

試験の複数回実施については引き続き議論を続ける。
記述式を分離すれば受験は複数回になるが、
本来は、記述も含めた同種の試験を何回も受験し、
受験生がより良い点数を出願に使うことが想定されている。


119116.jpg 
http://resemom.jp/article/2015/12/03/28310.html


どうなるでんしょうね、新テスト?

しかも、12月に試験をやるのでしょうか。
記述式となれば本当に、採点も大変であるし、
基本答案、採点方法なども問題が山積みである。

文部科学省は、何がやりたいのでしょうね。

むしろ、国内の大学のレベルup、国際化の方が大事だと思うが。








テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

理想的な入試問題とは? その統計学的な考察
【2015/04/24 06:00】 新入試制度
新しい方法で入試方法を検討している。
センター試験の1点刻みから、段階評価にしようという試みである。

しかし、入試は半分受かるものと落とすものを有効に判別すべきもの。
さて名案はあるのだろうか?

以前、ある記事を見つけたので、紹介したい。


理想的な入試問題とは? その統計学的な考察
桜美林大学教授 芳沢光雄

日本経済新聞 電子版 2015/1/20

大学入試センター試験が17、18の両日、全国で実施された。
国公立大学や私立大学の合否判定に使われるが、
「1点刻みで決めるのはいかがなものか」といった声もよく聞く。
それを解消する目的で現在、文部科学省を中心に大学入試改革が進められている。
理想の入試問題はどうあるべきか、統計を使って改めて考えてみた。


得点分布の山が2つになるように問題を作ると……

 統計学はそもそも実社会や自然現象にどのような傾向があるか客観的につかむための道具である。
一般的に、その集団を構成する要素の数が多ければ多いほど、「傾向」がはっきりと現れる。
現役生の40%以上、50万人を超える受験生が参加するセンター試験は、統計学にふさわしい題材といえる。
万人単位でなくても、会社の採用試験や社内の人事配置などビジネスでも応用できるので、
きちんと勉強しておいて損はないと思う。

 「得点分布」に注目してみよう。マークシート式を中心とした試験問題の点数を集計すると、
受験者数が増えるほど「正規分布」と呼ぶ形に近づいていく。
正規分布は確率分布の一つで、図1のような富士山のような形をしている。

この場合、頂点付近で合否を判定すると、1点違うだけで、かなりの人数の明暗が決まってしまう。
「1点刻み」が悪者にされるゆえんである。

得点分布二つの山 

では、図2のように得点分布に2つの山ができるようにしたらどうか。

山と山の間の人数が少ないところで合否の判定をすれば、
1点の違いで涙を流す受験生は少なくなる。

ある種、理想の大学入試問題だといえないだろうか。



 大学入試に関わる数学関係者の多くはそう考えているように思える。
かつて、偉大な業績を残された数学の先生から
「芳沢さん、私も2つ山の間の谷で合否が分かれる方がいいと思います」と、
話し掛けられたこともあった。

実際、入試でそういった形に近づくように問題を考えたこともあるが、
受験生の数学に対する理解力の違いを明確に判断することができた。

山を2つにするには、記述式問題にする必要

 ただ、得点分布を2つの山のようにするには、数学の入試の場合、記述式の問題でないと難しい。
マークシート方式では当てずっぽうや裏技で解答しても一定割合が正解になるため、
どうしても山は1つになってしまう。

科目によっても事情は異なる。
暗記力を問う傾向が強い科目の場合、マークシートでなくても、1つの山になることが多い。

 また、大学の入試関係者には
「2つの山ができるような数学の問題はおかしい」
「富士山の頂付近で入試の合否を決めるのが理想」
など山が1つの「正規分布型の得点分布」にこだわる人も少なくない。

2つの山にするにはある程度の難問を出す必要もあるが、
「1つか2つの難問がたまたま解けたか解けなかったで合否が決まるのは問題」
といった理由なのかもしれない。

いずれにしても「1点刻み」のところにあまり焦点を当てても、問題は解決しないと思われる。

 入試改革では1点刻みではなく段階別に分けて評価する案も浮上しているが、
どこに振り分けるか判断する際、最終的には点数が頼りになるはずだ。

ならば、「1点刻み」を問題視するのではなく、試験問題をどう組み立て
、どのように採点すれば不公平感が少なくなるか、
統計学などの知見を踏まえ、より深く議論したいものである。


さて、二つの山を作る理想的な試験問題とは、如何に?


数学難問 
我々の時代から難問数学を出すので有名な東工大

伝説の入試問題(数学)
http://examoonist.web.fc2.com/mobile/legendexam/1993tokyokogyo.html より


興味ある方はどうぞ





余裕ない受験生は、
あえて挑戦しないでください。




テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

<大学新入試>民間に委託 ?
【2014/12/19 17:30】 新入試制度
<大学新入試>民間に委託…作問・採点など 文科省検討

Goo ニュース 2014年12月19日(金) から

早ければ5~6年後からの導入が見込まれる大学入試の新テストについて文部科学省は、
作問や採点の試験業務を予備校など民間業者に委託する検討を始めた。
新テストは2種類で、ともに年複数回実施を想定。このため国の業務負担が大幅に増え、
コスト増から受検料値上げの恐れもあり、ノウハウがある民間業者の活用が不可欠とみている。
国が所管する大学入試で「民間活用」は初になるが、作問などは公正性や機密保持の課題もあり慎重に検討を進める。

新テストは「高校基礎学力テスト」と「大学入学希望者学力評価テスト」(いずれも仮称)。

基礎学力テストは、
高校生の基礎学力の定着度をみる目的で、現行の推薦入試の提出資料に使う。

学力評価テストは、
現行の大学入試センター試験を衣替えし、大学側が受験生の学力を評価するために導入される。

センター試験は、作問や採点は独立行政法人「大学入試センター」が担当。
試験運営はセンター試験を入試に利用する大学と共同で実施している。

新テストは、同センターを改組した新組織が実施主体になる予定だが、
2種類に増える上に、
ともに年複数回実施するため、
すべてを新組織が担うには「かなり人員を増やさないと実現は困難」(同省幹部)。

増員でコスト負担が増せば、
受検料(センター試験は3科目以上なら1万8000円)の大幅引き上げも想定せざるを得ない。

このため、模擬試験実施などで実績がある予備校や教育関連企業に、
作問や採点、問題輸送、試験場管理などを委託して、コスト削減を図りたい方針。
特に英語は「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能一体の試験を目指しており、
作問も含めた外部組織への委託が不可欠な状況だ。

小中学生を対象にした全国学力テストでは、作問や結果分析は文科省が担当しているが、
採点は民間業者に委託している。
同省では、全国学テの「高校版」といえる基礎学力テストで、民間委託を試行導入し、
その後、学力評価テストにも適用していく案が浮上している。
ただ、作問に関しては、機密保持の確保や公正性の担保に課題もあり、
来年にも設置される専門家会議で詳細を検討するという。

 ◇解説 機密・公平性が不可欠

文部科学省が、大学入試改革に伴う新テストの実施に民間業者への委託を検討する背景には、
費用面での課題が大きい。だが、高い機密性や公平性が問われる問題作成は慎重さが求められる。

中央教育審議会の答申案では、
両新テストとも受検者個人がコンピューターを使って回答する「CBT(Computer Based Testing)方式」が前提だ。

現行の大学入試センター試験は年1回実施だが、新テストはともに年間複数回実施を想定。
現行の数倍の手間がかかる。
さらに試験ごとに数十万台のコンピューターを準備するとなると、当然コスト増が予想される。

民間団体などが実施する英語能力試験はCBT化が進む。
米国には試験運営専門の企業もあり、日本でもこうしたノウハウの活用は必要だ。

だが、作問を民間委託した場合、機密性や公平性をどう担保するのか。
同省も「抵抗感はあるだろう」(幹部)と認めている。
国際学力テストの実施で経験豊富な経済協力開発機構(OECD)に協力をあおいだり、
多数の問題を民間に作らせた上で、出題管理は国が責任を持ったりするなど緻密な制度設計が不可欠だ。


個人の一生をも左右する試験で、民間委託してよいものか?
予備校委託になれば、CBT模擬試験の段階から似たような問題が、
出される可能性も多く、透明性の確保は困難であろう。

また、少子化が進んでいくのにもかかわらず、
複雑で金のかかる試験制度の変更に意味があるとは思えない。

国のtopは何を考えているのだろう?








テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

アーカイブス ×
折り畳み式になっていますので、各年をクリックして下さい。

リンク ×

医系英語参考書・英単語帳 ×
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ブログパーツ