誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
18位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

プロ家庭教師が教える医学部受験に役立つ学習法

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


懐かしき1000題問題集
【2018/04/24 20:56】 昔の医学部入試
これは、昔の問題集の話。

我々が受験勉強をしていた頃、
1000題問題集というものがあった。

そこで、ネット検索してみると、
ヤフオクで売り出していたものを見つけました。

それが、これ。



READ MOREに続くーーーー




[READ MORE...]

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

母校:富山医薬大S52年度の入試問題(数学)
【2015/09/06 06:17】 昔の医学部入試
小生の1年後輩の某内科ドクターが母校:
富山医薬大医学部の赤本初版(昭和51、52年度の2年収録のみ)
を保存していて、
昭和52年度の入試問題のコピーを送ってくれました。

いやー、懐かしい。
よくこんな難しい問題が解答できたもんだと、感心しています。

今回は数学のみ載せておきます。


続き:
READ MOREへ



[READ MORE...]

テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

懐かしき受験雑誌 「物理と化学」
【2014/08/13 06:25】 昔の医学部入試
懐かしき受験雑誌 ”物理と化学”

懐かしい雑誌が出てきました。

私が大学受験時に使用した唯一残る本:
聖文社の1975年発行の「物理と化学」。

続きは
READ MORE へ



[READ MORE...]

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

昔の私大医学部偏差値(昭和52年)
【2014/05/21 00:23】 昔の医学部入試
昔の私大医学部偏差値(昭和52年) 訂正版

今日、駿台予備校からの資料提供で私が入学した 昭和52年度の駿台模試の偏差値表が届きました。
懐かしく拝見しました。
興味ある結果でしたので、参考に載せておきます。

以下のようになります。


続きは
READ MORE へ



[READ MORE...]

テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

35年前の大阪医大入試
【2013/07/09 06:27】 昔の医学部入試
35年前も大阪医大は、首都圏の日本医大とほぼ同レベルでかなりの難関でした。

偏差値も62近くあり、
新設国立大(富山、島根、浜松医大、滋賀医大など)の偏差値より、
多少高かった記憶があります。

また、なぜか私立医大のなかでもこの大学のみ5教科でした。
ですから、関西地区の国立志望の受験生が腕試しに受験していたようです。

また、国語はほとんど文学史のみからの出題。
小生は覚えられず苦労しました。
わたしが受験した年も、やはり文学史の問題が多くを占め、撃沈した覚えがあります。

英数理はどんな問題だったか、全く記憶がありません。

結果は当然ながら1次落ちでした。

oosakaidai 1936 
1936年当時の大阪医大本館
http://www.osaka-med.ac.jp/others/rekishi/から

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

私の時代の大学入試と入試結果
【2012/12/06 20:35】 昔の医学部入試
もう25年以上も前の話で、遠い昔です。

当時の国立大入試は国立 I 期と II 期と2回チャンスがあり、
試験もセンター試験や共通一次試験の前の時代です。
国立 I 期は今の前期、II 期は後期に当たります。

しかし、現在のように同じ大学で、前期、後期に分割募集されておらず、
大学によって、国立 I 期、II 期に分かれていました。

例えば、
I 期校は、全ての旧帝大系、東工大、一橋大、東京外語大など主要大学、
II 期校は、東京医歯大、横浜国大、埼玉大、群馬大、山形大、鹿児島大など、
といった様に分かれていました。

日程は
I 期校と多くの公立大:3月3、4日の2日間
II 期校:3月23、24日の2日間
ちなみに、私の時代より数年前においては、和歌山県医大、奈良県医大は、
I 期とII 期の間、つまり中期日程に当たる時期にあり、
両大学とも60倍近いものでした。
今も昔も医学部は人気があったようです。

試験はセンター試験のようなマークシート方式のものはなく、
9割以上の大学で5教科全てが記述式の一発勝負でした。
東大は一次でマークシートに似た択一式試験での足切りの後に、
記述式の2次試験が実施されていました。

また、現在の医学部入試に実施されている小論文、面接もありません。
すべて、学力考査のみの結果で合否が決定されていたようです。

日程的にも3月の試験なので、年が明けてから少し余裕があり、
1月から追い込みが効きました。
今の入試の方が、試験方式も様々なものがあり複雑で、
情報収集も大変だと思います。

さて、私の大学入試結果はというと以下のような結果でした。


続きは、
READ MOREへ



[READ MORE...]



サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ