誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
9位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

医学部受験よもやま話

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


2018年度センター試験 始まりました
【2018/01/13 14:34】 センター試験
 今日から、ついにセンター試験が始まりました。

首都圏は幸いに雪はありませんが北陸、東北は大変そうです。
1時間開始が遅れたところもあるようです。
昨年より6704人多い58万2671人が志願しているそうです。



20180112-00002339-weather-000-2-view.jpg

新潟県上越市(12日12:54撮影)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00002339-weather-soci.view-000



時間割は以下の如くのようです。


170105.jpg

https://resemom.jp/article/2017/06/06/38518.html





テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

今日はセンター試験 1日目
【2017/01/14 18:46】 センター試験
 
本格的な入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が14日、
全国の691会場で始まったようです。

志願者数は前年度より1万2199人多い57万5967人とのこと。

参加大学の内訳は国立82校、公立86校、私立526校で、
国公立大は大学院大を除く全校が利用する。
短大は154校。

それにしても、毎年セ試験に合わせたように天気が悪く、
寒い日が多いのはなぜ?



2017011401001214.jpg
雪が降る中、センター試験会場の案内板に目を通す受験生=14日午前、広島市
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017011401001030.html








セ試験・各科目の予想平均点(河合塾)
【2016/01/18 19:43】 センター試験
河合塾の主要教科・科目の予想平均点 (速報版)
<( )内は前年差>

Kei-Net (2016.01.18発行) から


91.jpg 
http://mainichi.jp/graphs/20160116/hpj/00m/040/002000g/5


皆さん、お疲れ様でした。
色んな思いで過ごしていることでしょう。

Kei-Netから各教科の予想平均点が出たようなので、参考までに載せておきます。



◇英語
 ├筆記      :117/200(+1)
 └リスニング   :29/50(-6)

◇数学
 ├IA      :54/100(-7)
 └IIB      :44/100(+5)

◇国語       :130/200(+11)

◇理科(1)
 ├物理基礎    :32/50(0)
 ├化学基礎    :27/50(-8)
 ├生物基礎    :26/50(-1)
 └地学基礎    :34/50(+7)

◇理科(2)
 ├物理      :63/100(-1)
 ├化学      :53/100(-10)
 ├生物      :65/100(+10)
 └地学      :46/100(+5)

◇地理歴史
 ├世界史B    :66/100(0)
 ├日本史B    :65/100(+3)
 └地理B     :61/100(+2)

◇公民
 ├現代社会    :60/100(+1)
 ├倫理      :54/100(+1)
 ├政治・経済   :58/100(+3)
 └倫理,政治・経済:60/100(0)

◆5教科7科目総合
 ├文系型     :539/900(-4)
 └理系型     :559/900(-8)



尚、明日から私立医学部入試も始まります。
まずは、愛知医大からですね。
センター試験の出来を気にせずに、気分を変えて受験してください。


愛知医大 出願数(愛知医大HPから)

一般入学                 2,186名  (参考;昨年度 2,209名)

大学入試センター試験利用入学    659名  (参考;昨年度   700名)

出願数はあまり変化ないようです。







テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

明日はセンター試験
【2016/01/15 23:00】 センター試験
明日はいよいよセンター試験ですね。

かなり寒くなるようです。

忘れ物がないように、準備してください。

気持ちを落ち着かせる程度の復習をして、早く寝ましょう。

3db847d898b15db4cf219234aa1662657371a9dd1385383554_20160115225950f38.jpg

http://matome.naver.jp/odai/2139001965049686101






2015年度センター終了
【2015/01/18 19:56】 センター試験
2015年度 センター試験終了!

2日間、お疲れ様。
ちまたでは、数2Bが難しかったとのこと。
いかがでしたか?
明日にでも、解答を見て、採点してみましょう。

新課程で変化が注目された2日目の理数のみの概観について、
東進の速報から抜粋して載せておきます。

理科は、旧課程のⅡの分野からも多く出されたようですね。

数ⅠAでは、やはりデータの分析が選択でなく、必須解答問題として出題されたようです。
また、センターレベルで堂々と整数問題が出題されたようです。

数ⅡBは大きな変化はなかったようです。

物理
選択問題が出題され、大問6題形式となった。また、原子物理は選択問題の大問として出題されている。 

大問6題形式、分野は第1問小問集合、第2問電磁気、第3問波動、第4問力学、第5問熱力学第6問原子物理であり、第5問熱力学と第6問原子物理が選択問題となった。
すべての範囲から、万遍なく出題されている。
新課程での新しい出題範囲である原子物理は、選択問題で大問として出題される形となった。

第1問小問集合では、波の回折による現象の理解、点電荷による静電気力、単振動と摩擦力、状態方程式、剛体のつり合いが出題された。
第2問電磁気では、Aダイオードの整流作用と交流電源の時間変化・消費電力、Bサイクロトロンによる荷電粒子の加速実験、どちらも旧課程では範囲外の内容が出題されている。
第3問波動では、A屈折の法則、B波の干渉。
第4問力学では、A水平投射となめらかな壁への衝突、B2つのばねに連結された物体に関する運動が出題された。
第5問熱力学では、断熱圧縮、等温圧縮、定圧圧縮に関する気体の状態変化が出題されている。
第6問原子物理では、金箔にα粒子を照射するラザフォードの大角度散乱に関する実験、ボーアの原子模型および量子条件が出題された。

旧課程物理Ⅰと比べて、大問数が増えたにも関わらず設問数は減少しているため、あまり深い考察まで踏み込んでいない。そのため、大問の多さに対応し時間配分を間違えなければ、十分に解答出来る問題であった。

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2015

 

 

1

小問集合

5

5

20

2

電磁気

4

4

20

3

波動

4

4

20

4

力学

5

5

25

5

1問選択

熱力学

3

3

15

6

原子物理

3

3

15

 

合計

21

21

100


化学
大問数は5題、マーク数は29。第5、6問のうち、いずれか1問を選択させる形式。
高分子化合物が選択問題であった。 
大問数は5題であり、第5、6問のうち、いずれか1問を選択させる形式であった。
選択問題では、教科書の後半で取り扱う高分子化合物が出題されていた。

学習進度に応じて選択できるため、選択した問題による難易度の差はそれほど大きくなかったと思われる。
なお、出題形式などは前教育課程を踏襲している。
また、過去のセンター試験問題と似通った出題が複数問あり、過去問学習を行うことの重要性を再認識する問題であった。 
なお、第1問問5や第2問問3など、素早い計算が必要な問題があった。
合計でマーク数が29であり、時間内に全てを解き切るには相応のスピードが求められる内容で、全体としてやや難しかった。

年度

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2015

 

 

1

物質の状態

6

6

23

2

物質の変化と平衡

5

6

23

3

無機物質

6

7

23

4

有機化合物

6

7

22

5

選択

合成高分子化合物

3

3

9

6

天然高分子化合物

3

3

9

合計

26

29

100

 
生物
教科書からまんべんなく出題。第6問か第7問のいずれかを選択解答。 
旧課程の生物Ⅰと同様、知識問題と実験考察問題を織り交ぜた大問題構成であった。
設問数は28、マーク数は第6問を選択した場合31、第7問を選択した場合32だった。
第1問のB問題では大腸菌のDNAの複製時間を計算させる問題が出題された。
第2問のA問題では雄性配偶子を雌性配偶子に導くしくみに関する実験考察問題が出題された。
第3問ではA問題で動物の環境応答、B問題で植物の環境応答について出題された。
第4問ではA問題で生存曲線に関する問題が出題された。
第5問ではA問題で古生代、中生代、新生代に関する知識問題が出題された。
選択問題の第6問は臓器移植に関する知識問題であったが、第7問はDNAの塩基配列を用いて生物の系統を推定させる問題であった。

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2015

1

生命現象と物質

5

5

18

2

生殖と発生

5

6

18

3

生物の環境応答

5

6

18

4

生態と環境

5

5

18

5

生物の進化と系統

5

6

18

6

選択

臓器移植

3

4

10

7

DNAの塩基配列を用いた生物の系統推定

3

3

10



数1A(新課程)
データの分析が独立した大問で出題され、第2問が異なる2つの分野から構成された。 
個々の大問の難易度は高くはないが、分量が多いので迅速で正確な処理が求められる。
第1問は2次関数の問題であり、最大・最小、および2次方程式に関する問題で、基本的な計算力を問うている。
第2問は〔1〕が集合と命題の問題であり、対偶と反例を選択させる問題で、定義を正確に理解しているかがポイントである。〔2〕は図形と計量の問題であり、正弦定理、余弦定理を適宜使いわけできるかを問う問題である。
第3問は40人のデータがヒストグラムで与えられている。
第4問は場合の数の問題である。誘導に乗って計算できるかどうかがポイント。
第5問は整数問題。平方数になる条件や、不定方程式の問題が出題された。
第6問は平面図形の問題であり、様々な定理や公式を順序良く利用して解く問題である。

年度

大問

出題分野

配点

2015

 

 

1

2次関数

20

2

[1] 数と式(集合と命題)

25

[2] 図形と計量

3

 データの分析

15

4

2問選択

場合の数と確率

20

5

整数の性質

20

6

 図形の性質

20


数2B(新課程)
第1問が、3年ぶりに三角関数と指数・対数関数の問題の組み合わせに戻った。 
旧課程と比べて、出題範囲に大きな変化がないこともあり、昨年までの内容を踏まえた出題となっている。
第1問は〔1〕が三角関数の問題、〔2〕が指数計算を含む連立方程式、相加平均と相乗平均の関係に関する問題である。2題とも、この単元からの出題としては、計算量も比較的少なく取り組みやすい。
第2問は微分・積分からの出題。初めに平均変化率から微分係数を求める小問があった。そのあとに、放物線と直線によって囲まれる2つの面積の差の最小値を求める問題が続く。計算量は標準的である。第3問は数列の問題。周期数列を題材とし、数列の連続項の積の形を扱っている。中盤からの計算量がとても多く、難度も高い。
第4問は平面ベクトルの問題であり、ひし形が題材。
第5問は確率分布の問題であり、基本計算と正規分布に関する問題になっている。

年度

大問

出題分野

配点

2015

 

 

1

[1] 三角関数

30

[2] 指数関数・対数関数

2

微分法と積分法

30

3

2問選択

数列

20

4

ベクトル

20

5

確率分布と統計的な推測

20

 









テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

センター試験情報 Kei-Netから
【2014/09/02 17:30】 センター試験
センター試験情報 Kei-Netから

9月1日(月)から、大学入試センター試験の『受験案内』の配付が始まります。
センター試験出願前の準備、検定料の払込みなどについて確認し ましょう。

現役生は原則として高校を通して配付されますので、担任の先生に確認してください。
高卒生は、センター試験を利用する各大学の入試担当窓口で入手できます(無料)。
郵送でも手に入れられますが、その場合の送料などは個人負担です。

(参考)平成27年度センター試験情報
    
http://www.dnc.ac.jp/center/shiken_jouhou/

 ※以下の各項目では、「平成27年度大学入試センター試験受験案内」の該当
  ページをご案内しています。受験案内の内容もあわせてご確認ください。

・─┐
|1|→ 出願資格を証明する書類の入手 <P.9~P.13>
└─・
 【現役生】 学校長から一括して証明されるため、個人ごとには必要なし。
 【高卒生】「卒業証明書(コピー不可)」※出身高校に請求し入手する。

・─┐
|2|→ 志願票の記入 <P.20~P.23>
└─・
 受験案内の記入方法をよく読んで、間違えないように記入しましょう。
受験教科の選択記入欄においては、全ての教科について該当する選択肢を記入する必要があります。
選択記入欄に正しく記入されていない場合(未記入など)、
その教科は「受験しない」教科として登録されます。
登録を正しく行わないと、希望する教科・科目を受験することができませんので注意が必要です。

(参考)2015年度センター試験 出願ガイド【出願書類の書き方】
 (PC)
http://www.keinet.ne.jp/dnj/15/center_guide2.html
(スマホ)
http://www.keinet.ne.jp/sp/dnj/15/center_guide2.html

・─┐
|3|→ 検定料の払込み <P.26~P.27>
└─・
 使用する払込書は払込金額により異なります。

◆払込金額:3教科以上 成績開示を希望する場合  18,800円
                  希望しない場合 18,000円
       2教科以下 成績開示を希望する場合  12,800円
                  希望しない場合 12,000円
◆払込期間:2014年9月1日(月)から10月9日(木)まで
◆払込場所:「ゆうちょ銀行・郵便局の受付窓口」または
       「払込書裏面記載の銀行の受付窓口」
       ATM(現金自動預払機)は使用できません。必ず受付窓口で
       払い込む必要があります。

・─┐
|4|→ 出願(出願期間と出願方法) <P.14>
└─・
◆出願期間:2014年9月29日(月)~10月9日(木)(10月9日消印有効)
◆出願方法:【現役生】◇出願書類-志願票・検定料受付証明書
            ◇提出方法-学校経由出願
       【高卒生】◇出願書類-志願票・検定料受付証明書・
                  出願資格を証明する書類
            ◇提出方法-個人直接出願(簡易書留郵便で郵送)






テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

セ試験平均点 中間発表
【2014/01/23 17:36】 センター試験
センター試験、得点調整見送りの公算 平均点中間発表
2014.1.22 MSN産経ニュース 

大学入試センターは22日、
今年のセンター試験(18、19日実施)の平均点(中間集計)を発表した。
得点調整の対象科目では、
地学I(52.31点)と化学I(70.74点)の間で平均点に18.43点の開きがあったが、
調整は原則20点以上の開きがあった場合に行われるため、今回は見送られる可能性が高い。

その他の主な科目の平均点は、
200点満点の国語は97.6、
英語筆記は121.63、
50点満点の英語リスニングは33.46。

100点満点の科目では、

世界史B70.23
日本史B67.86
地理B71.49
倫理政治経済68.98
政治経済55.73
倫理61.84
現代社会59.86

▽数学I・A63.47▽数学II・B56.51

▽物理I63.03▽生物I55.53-だった。

理科は物理化学選択が有利のようです。
おそらく、物理満点続出かもしれません。


テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ