誰でも受かる医学部入試の極意
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

アクセス数 ×
2015 4/18からです

スポンサーサイト ×

アクセスランキング ×
[ジャンルランキング]
学校・教育
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
21位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール ×

カズさん

Author:カズさん
”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者、カズさんです。総合病院の整形外科医として日夜、患者さんの治療に奔走しております。今年、息子の入学試験の準備を通して最近の医学部入試の大変さを思い知らされました。
このブログで、なるべく最新の情報や私たちの体験談などを提供し、より多くの受験生ならびに、その保護者の方々が困難な医学部入試を突破されることをお祈り申し上げます。


医学部予備校クエストとの共同管理 ×
2015年7/1から、医学部予備校クエストが共同管理人となります。 本予備校から、勉強方法、受験対策、参考書・問題集の利用方法に関する記事や、 本予備校発のお役立ちコンテンツの発売情報も扱っています。

とある医者の回顧録と日々雑感 ×
徒然なる回顧録を綴っています。 http://ishakaikoroku.jugem.jp/ 下のリンク集でクリックして下さい。

医療関係資格試験マニア ×
晴れて医歯薬学部に進学された方はこちらのサイトにどうぞ http://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
下にリンクあります

最新記事 ×

カテゴリ ×
ブログ内の記事を内容別に分類してあります。 興味ある記事を探してください。

カレンダー ×
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント ×

リンク ×

ブロとも一覧 ×

名古屋の英語専門プロ家庭教師

医学部学士編入試験のブログ☆

受かる大学受験勉強

そうだ、医学部編入しよう

地方からの医学部合格参考書作戦

プロ家庭教師が教える医学部受験に役立つ学習法

予備校、塾なんて不要! 独学のみで、国公立大学合格は保証します。

全記事表示リンク ×

全ての記事を表示する


RSSリンクの表示 ×

天気予報 ×

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


昨日の杏林医1次(2019年度):解答講評
【2018/01/20 12:36】 解答速報
昨日は杏林大医学部の1次試験でした。

YMS予備校やWindom予備校から解答速報が出ています。

Windom予備校から公表を改編して載せておきます。

英語:
例年に比べて,やや易化した。
従って,合格するためには,7割5分の得点を確保したいところである。

数学
1)連立漸化式と数列
2)正八面体の座標と切断面(周の長さ、面積)
3)2次不等式および方程式:実数解の個数など
4)関数の極限
4題とも標準
2)3)でやや差がつくかも

化学
問題量は,50 分(理科2 科目で100 分間)でも,見直しができる量であった。
難易度も基礎から標準レベルのものがほとんどであった。
ただ,杏林特有の「すべて選べ」という設問が9 題もあり,その採点方法
が,完答以外不可であるとすると,合否の分かれ目は,「すべて選べ」のデキにかかっていると思われる。
丁寧に考え,ミスをしなかった受験生は,合格発表を楽しみにしてよいだろう。

生物
大問数は昨年と同じ3問であるが,出題形式が大きく変わり,3問ともに小問集合であった。
生物および生物基礎のほぼ全分野から幅広く出題された。
解答数は28 から43 へ大幅に増加したが,解きやすい問題が多い。
例年どおり計算問題が出題された。
解答に時間を要するのはⅢの問8~問10 くらいで,時間的には余裕がある。
知識:思考=7:3で,知識問題の比率がやや増加。
基本:標準:発展=7:2:1で,基本~標準レベルの割合が増加した。
合格には高得点を必要とし,Ⅲの問8~問10 の出来で勝負が決まる。

Ⅰ:すべての問題が基本的な知識問題で,短時間でほとんどミスなく正解していきたい。
Ⅱ:問1~問3は基本的な知識問題。
  問4は基本的な知識問題と計算問題。
  計算問題は暗算できる程度の基本的な問題である。
  問5は遺伝暗号を解読する考察問題であるが,定番の問題で基本的である。
  Ⅰと同様に短時間でほとんどミスなく正解していきたい。
Ⅲ:問1の酸素供給量の計算は差がつきやすい。
  問2~問4は基本的な知識問題。
  問5は基本的な考察問題。
  問6は基本的な計算問題。
  問8~問9は基本的な思考問題であるが,問題文をよく読む必要がある。
  問10 は三点交雑法の問題であるが,問題がアレンジされていて,内容理解に時間を要する。
  差がつきやすい問題でもある。

物理
典型問題も多く解きやすい方である。
ただ,大問Ⅲの単振動の難易度だけが極端に高い。
ここで差が付きやすい。全体的に問題量はかなり多いのでなかなか解ききれないであろう。
典型問題を速く処理できたかどうかが鍵となる。
Ⅰ 典型的な問題。(2)の温度の計算はしにくい。
Ⅱ 原子の理解度が問われる。
Ⅲ この問題は受験生が苦手とする単振動で難問といえる。しっかり運動方程式を作れるかどうか。
Ⅳ コンデンサーの割と典型的な問題。 一次突破ラインは,問題量・難易度から考えて,昨年より低くなる。


ということです。

うまくいかなかった受験生は、
もらってきた問題でよく復習しましょう。








テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

大阪医大前期 解答速報
【2017/02/12 23:13】 解答速報
昨日の土曜日に慶応を除く前期日程における千秋楽
大阪医大前期の1次試験が行われました。

やはり、難しかったようです。

特に、数学と化学が難化?

メビオ、ビッグバン、YMSで速報出ているようです。
以下は、メビオからの講評です。

メビオ解答速報:http://www.mebio.co.jp/answer



英語 講評

講評
大問Ⅰは気候変動に関する人々の認識についての文章で、形式は例年通り。
易しめの出題で、構造についても悩む部分は少ない。

大問Ⅱは記憶の秘訣に関する内容で、昨年と同じく説明問題を含んでいた。
一見読みやすいが、指示内容を明示する必要のある小問2は難しいだろう。

大問Ⅲは問題文の構造自体はとらえやすく、定型表現を多く用いる標準的な問題だが、
つなげる部分に工夫を要する。大問Ⅲの出来次第で点数に差が出るだろう。

全体としては 6 割 5 分が目標。


数学 講評

講評
〔1〕[パラメータ](標準)
典型的なパラメータの問題.丁寧に計算していくだけ.細部の失点には気をつけたい.
〔2〕[数Ⅲ積分](標準)非回転体の体積の問題.これも典型的な問題.
〔3〕[ベクトル](標準)三角形の内心をベクトルで扱う問題.
〔4〕[確率](標準)やっていること自体は単純.(3) の計算が煩雑.
〔5〕[複素数](やや難)複素数を用いて平面幾何を扱う問題.慣れが必要.完答し辛い.

例年通りの難易度に戻った(昨年より難化).
すべての問題が「標準~やや難」という実力の差が出やすいセット.
大いに差がつきそうだ.
全問見渡して完答2 題,半答3 題で乗り切りたいところ.
ボーダーは6 割5 分.


物理 講評

大問Ⅰ 単振動と放物運動
大問Ⅱ 弦の上を伝わる波の速度の理論的導出
大問Ⅲ 光電効果
大問Ⅳ 小問集合(電力輸送,重心,ドップラー効果とうなり,物質の三態)

大問Ⅰは標準的な問題.(4) ⑬は振動の中心がずれることに注意する.
大問Ⅱは,やや難しい理論的計算.誘導に上手く乗れないときちんとした結論を出すのは難しい.
大問Ⅲは内容は標準的であるが,阻止電圧の符号が逆であったり,
計算の表式がやや複雑になったりするので,正確に計算結果を求めるのは難しい.
大問Ⅳ (1) の電力輸送は大医では頻出.(2) は手を抜くとミスしやすい.

総じて,ボーダーラインは7 割.


化学 講評

大問Ⅱがコロイド,Ⅲがアミノ酸の等電点の問題で,内容は標準的なので,
大阪医大受験者は落としてはいけない.
大問Ⅰの反応速度はかなり難しいので,ほとんど出来ない受験生が多いであろう.
Ⅳの構造推定の出来が合否を左右しそう.
合格には7 割必要.


生物 講評

昨年の前期試験に引き続き、基礎的な内容が多く出題されたものの、
深い理解が試される良問であった。
8 割 5 分は欲しいところ。





[READ MORE...]

テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

福岡(医) 解答速報 (2017)
【2017/02/02 21:30】 解答速報
今日、福岡大医学部の1次試験が行われたようです。

メビオ、コスモスなどで速報が出されているようです。

メビオ http://www.mebio.co.jp/jisseki/win_ksokuhou から、
講評のみupしておきます。


数学
[I]
(i) 「3 次方程式」易しい問題だが効率よく解きたい.
(ii) 「整数」最大公約数・最小公倍数の表し方が理解できていれば難しくはないが,
  苦手とする受験生も多いだろう.
(iii) 「場合の数」(5) はやや易.
  (6) はよくある設問だが慣れていないと難しい.

[II]
(i) 「三角関数」(1) は平易.(2) は置き換えのある解の個数の議論がやや難しい.
(ii) 「整数」(3) は平易.(4) は書き並べていって規則をつかめば難しくはないのだが,差がつきそうな問題である.

[III]
「微積分」ごく普通の回転体の体積の問題であり,微分・積分の計算をていねいにするだけ.
とはいえ微分・積分計算は差がつくだろう.

昨年よりやや難化.標準レベルの差がつきやすそうな問題がそろっている.
ボーダーは6 割強.


英語
形式:昨年と同じく大問 5 題。
内容:
[1][和訳] :内容自体は平易だが、構造に基づいた訳出に際して、訳語の選択に難しい部分はある。
[2][長文] :Coleman という黒人女性パイロットの伝記。
  内容は昨年よりも読みやすく、設問もさほど判断に
  迷うことはないと思われる。易化。
[3][文法] :「適していないものを選ぶ」という、以前出題されていた形式が出された。
  すべて適している場合もあり、しっかり勉強してきた者でないと自信をもって答えることは難しい。
  昨年より難化。
[4][発音] :2013 年度から続いているアクセントのある母音発音の異同を問う問題。
  標準的な単語ばかりで完答を目指したい。
[5][整序] :特に解きにくい設問はない。完答を目指したい。

全体:2016年度より長文が易化、文法が難化。全体で8割5分が目標。


物理
大問Ⅰ 点電荷の作る電場及び電位.
大問Ⅱ 気体の状態変化,断熱自由膨張.
大問Ⅲ 摩擦のある台と水平面上の物体の運動.

大問Ⅰは標準的な問題なので完答したい.
大問Ⅱは標準的な問題だが,計算を要領良くこなさないと時間的に厳しくなる.
6 問は合わせたい.
大問Ⅲは特別難しい問題ではないが,1 箇所ミスすると連鎖してミスし易い..やはり6 問は合わせたい.

昨年度より難化.難問はないが,設定が複雑で計算量も多く時間的にも厳しいセットであった.
ボーダーラインは7 割.


生物
例年通り、全体的に取り組みやすい問題ばかりで高得点が望める。
大問Ⅲの問5の遺伝の問題や、細かい知識が問われた
大問Ⅳの問2、問5で差がつくだろうが、8割はほしい。


化学
現時点では講評なし




テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

久留米大(医)解答速報
【2017/02/01 19:51】 解答速報
久留米大(医)1次試験が、午前9時半から英理数の順に
本学と東京会場(ベルサール汐留)の2つの会場で行われました。

kurume univ med
http://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/3875/nyushi/#contents_2


解答速報は、
コスモス予備校 http://k-cosmos.net/kaito.html
新生学寮 http://www.shinseigakuryou.com/kaito.html
でupされています。

コスモス予備校のものが詳しかったので、講評を中心に記事upします。



英語
問題のレベルは易しめ。平均点はかなり高くなるのではないか。長文の選
択肢に難語が散見されたが、全般的には、単語のレベルも標準的なものだった。
従来、解き辛かった整序英作文も文構造がみえやすい。


数学
前年に続き大問6題の構成。
以前よりも問題数少なく、本大学の対策をしている受験生に解きやすい。
計算ミスで痛い目にあうだろう。
合格ライン:8割?


物理
<全体的な講評>
例年に比べて設問数が多くなったが,難易度は例年どおりであり,ほとんどの設問は基本~標準
レベルである。1と3は完答したい。2がどれだけ正解できたかがカギとなる。

<解法のポイント>

(2) 列車の加速度が0 だから,ボールには慣性力ははたらかない。
(3)~(5) ボールにはたらく重力と慣性力との合力を「見かけの重力」として扱うと,
ボールの軌跡がわかりやすくなる。


(ア)~(カ)は気体分子運動論に関する問題,
(キ)~(ス)は気体の状態変化に関する問題である。
(ア) 分子量は気体1 モルのグラム数に等しい。
SI 国際単位系では質量の単位は〔kg〕に指定されているので,
気体1 モルの質量は M X10 -3〔kg〕としなければならない。
(イ) 単原子分子理想気体の内部エネルギーは,気体分子の運動エネルギーの総和である。
(キ)~(ス)
一般に,等温曲線に比べて断熱曲線のほうが傾斜が急になるので,過程Ⅰが等温変化,
過程Ⅲが断熱変化である。
したがって,過程ⅢではPV 3/5=一定の関係式(ポアソンの法則とよばれる)が適用されるが,
指数計算を伴うので,計算ミスに注意。


(1)~(3) コンデンサーに関する基本的設問である。
(4)(5) エネルギー保存則より,外力がした仕事は,静電エネルギーの変化量に等しい。
(6)(7) 電気量保存則を適用する。


化学
それぞれの出題範囲は,以下の通り。
1:電池,
2:アンモニアソーダ法(ソルベー法),
3:芳香族化合物の系統分離。

レベルは標準的であった。
説明を要する問題が3題ほどあり,これは今までにない傾向である。
計算問題は有効数字の指定もあり,難解なものはなかった。


生物


問1:(コ)のトロンビンは,プロトンビンとして分泌されたのち,血しょう中で活性化されて酵素として働く。
問6:モータータンパク質であるミオシンは主に二量体で働くが,
筋肉を構成するミオシンフィラメントはミオシン分子が多数集合して繊維状になったものである。


遺伝子頻度と遺伝子型頻度の違いでミスしないように注意する必要がある。
また,文字で処理する必要があるので,受験生には難しかったと思われる。


問6~問9:漸化式や対数といった数学的な処理が必要とされるため,
やや戸惑った受験生もいたのではないかと思われる。


問3:培養初期はグルコースを利用して増殖するが,
グルコースがなくなるとβガラクトシダーゼを合成し,
ラクトースを利用して増殖することを論述すればよい。

昨年に比べて用語の問題が減少し,
数学的処理を必要とする問題が増加したため,
全体として難化した。






テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

日医前期1次試験と解答速報
【2017/01/23 23:59】 解答速報
今年から、前期と後期の2回募集になった日本医大。

今日は、日医前期の1次試験が、武蔵境キャンパスに於いて
午前9時から、英数理の順に行われたようです。

Windomからは速報が出ています。
YMSからも出る予定。

Windomの速報から一部拝借して、改編しました。


英語
解答のみで詳細不明

数学
I 数列と極限、漸化式、
II 複素数
ほか

化学
【講評】
[Ⅰ] 格子エネルギー、水和熱などを含んだ熱化学方程式の小問6題。
問4までは基礎から標準だが問5と問6の計算が面倒。

[Ⅱ] 浸透圧と逆浸透の小問6題。問3〜5の計算は、合否を分けるレベル。

[Ⅲ] 分子式C9H10O2 の二置換ベンゼン化合物の構造式の決定に関する小問7題。
確実に得点したいレベル。

[Ⅳ] リンの同素体とリン酸の電離平衡、およびDNA に関連した小問8題。
構造式を書く小問4題が書けると嬉しい。

今年も日医らしく平易な問題と面倒な問題の難易度の差が激しい。
知識や基本的な計算を確実にしたうえで、[Ⅰ]問5と問6、[Ⅱ]問3~5の出来が合否を左右するであろう。

生物
Ⅰ 肝臓の構造と機能,胚葉分化器官形成
II 酵素
III 動物の卵成熟とステロイドホルモン

【講評】
大問数,解答数ともに昨年と同様であった。
知識問題:思考問題=7:3で,昨年と問題のタイプに変化はなかった。
問題のレベルは基本:標準:発展=6:2:2で,昨年と同じであった。
Ⅲが考察問題であるところも昨年と同じであった。
時間的には余裕があり,Ⅲの考察問題に十分な時間をかけることができたであろう。

Ⅰ,Ⅱの知識問題では,正しいものをすべて選ぶ問題が多く,そこでの失点を最小限に抑えられるかがポイントである。

Ⅰ:すべての問題が知識問題。問3,問5,問7が標準的な問題で,そのほかは基本的な問題である。
  1つの大問の中に複数の分野から出題されている。
Ⅱ:問2だけが思考問題で,そのほかは知識問題である。すべて基本的な問題である。
Ⅲ:問1が知識問題で基本的な問題である。
  問2~問7は思考問題で発展的な問題である。
  ステロイドホルモンの受容体は細胞質に存在すると学習するが,
  リード文にもあるように細胞膜に存在するものもある。
  そのことを前提として思考し,卵成熟のしくみを解読する問題である。

物理

【講評】
Ⅰ. 普通の力学の問題。角度ではなくx を使って立式するので間違えやすい。
Ⅱ.後半のガウスの法則が理解してないと難しい。この問題で得点差が開く。
Ⅲ.簡単な熱力学。
Ⅳ.原子と電磁気が混じった核の崩壊の総合的な問題。知識があれば解ける。
   最後の単位は知らない受験生は多い。

日医の問題にしては深みがなく簡単である。
物理が得意な人なら30 分で解き終わることも可能だ。
ただし,要所要所で間違えてしまうものである。
どれだけ失点を抑えられたか問題。


明日 1/24(火曜日)は、
愛知医大1次試験、
国際医療福祉大(医) 初めての1次試験、

さらには、
金沢医大1次発表 13時
川崎医大1次発表 17時
にあるようです。

私立医学部入試が始まり、まだ6日しか経っていませんが、
受験生にとっては、かなりの時間が経過したと感じる1週だったでしょう。



テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

近畿大(医)前期の物理 (2017)
【2017/01/23 17:32】 解答速報
メビオから、残る近畿前期の物理についても速報出たようです。

http://www.mebio.co.jp/jisseki/win_ksokuhou を参照ください。


物理

講評
昨年度より易化して例年並みの難易度に戻った.
大問Ⅰ 放物運動,衝突,単振動.v − t グラフ.
前半は易しいが,後半に進むに従って難しくなる.
特に最後のグラフを完成させるのは難易度的にも時間的にもかなり難しいだろう.

大問Ⅱ 磁場内を運動する導体棒.
誘導が丁寧なのでかなり解きやすい問題になっている.
全問完答したい.

大問Ⅲ ボーアの理論.
標準的な問題なので完答したい.

大問Ⅱ,Ⅲを先に手早く解いて大問Ⅰに時間をまわす事ができれば高得点が狙える.
ボーダーは7 割後半



テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育

川崎医大の物理 (2017)
【2017/01/23 17:31】 解答速報
メビオから残る物理の速報が出たようです。
講評のみup

詳しくは、http://www.mebio.co.jp/jisseki/win_ksokuhou 
を参照ください。


物理

講評

Ⅰ 円錐振り子(標準)
Ⅱ 分子運動論(標準)
Ⅲ 熱サイクル(標準)
Ⅳ 波の式(やや難)
Ⅴ 電磁誘導(標準)
Ⅵ 核融合反応(やや難)


 昨年度に比べて易化し,例年並みの難易度に戻った.
波の式は円形波を扱っており難しい.
核融合反応に関しても後半の数値計算や昨年度に続き出題された素粒子の分類などは手
が着かない受験生も多かったのではないか.
また,熱サイクルに関して選択肢のない問題が含まれていたが,気づかずに通りすぎて問題ないだろう.

ボーダーは6 割5 分程度




テーマ:医学部受験 - ジャンル:学校・教育




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

受験ブログランキング ×
下のボタンを押していただけると、このサイトの評価につながります。


ご協力ありがとうございます。

広告 ×

入試関係の新着ブログ記事・ランク ×
にほんブログ村(受験関係)の新着記事やランキングが分かります。興味がある記事を探してください。

私の本はここで買えます ×
ご購入ありがとうございました。

月別アーカイブ ×

勉強法アラカルト ×

医系英語参考書・英単語帳 ×

楽天お勧め ×

ブログパーツ